■FC2カウンター

■プロフィール

filenotfound

Author:filenotfound
雑記はこちら(Hatena::Diary)

■目 次
■Blog Pet

↓突っつくとおしゃべりします


■投票

追加しました。
該当する項目をクリックしてください。

【9/20開始】 New!

【4/18開始】

【4/18開始】

【4/22開始】

■最近の記事
■カテゴリー

  

■月別アーカイブ

  

■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FL Studio 関連リンク

fllogo99.jpg
● 海外公式 ● 国内公式 ● まとめ/ニュースサイト ● 個人ブログなど ● FL-Chan関連 ● その他便利なサイト ● 検索

■なごみリンク
■RSSフィード
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--

FLStudio7:CD音源に合わせて演奏する(基本編)

 CDの音源(曲)を使い、音を追加してアレンジしたり、初音ミクの歌声を乗せたいと思ったことはないですか?
 今回から、CD音源に合わせて曲を打ち込み、同期演奏する方法を紹介して行こうと思います。
 この方法を使えば、「VOCALOIDを買ったはのいいけれど、伴奏が作れない」という方も、とりあえず伴奏付きで歌わせることができます。

 今回紹介する内容は次のとおりです。
・Edisonを使って曲の頭をとる
・プレイリストにオーディオクリップを貼り付ける
・プロジェクトのテンポを曲のテンポに合わせる

注意:本記事は市販コンテンツの不正利用を推奨するものではありません。個人的に楽しむ範囲内で利用してください。



■ 選曲について

 今回紹介する方法は、コンピューターを使って制作され、全体を通してテンポが一定の曲を想定しています。
 イントロにフリーテンポのピアノソロが入っていたり、コンピュータのクリックに合わせて演奏されていない曲(バンド演奏によるもの)の場合はうまく行きません。これらのケースについての対処方法については別記事で紹介する予定です。

 以上のことを踏まえて曲を選択してください。

 私はAnnie Lennoxのアルバムmedusaに入っているDowntown Lightsという曲を使って試しました。


■ 曲の音声ファイルを用意する

 CDからリッピングした音声ファイルを用意してください。
 WAVEファイルが理想ですが、音質を気にしないのであればMP3ファイルでもかまいません。
 flcdsync-1-1.png


■ 曲の頭をとる

 FL Studioを起動します。

 音声ファイルをプレイリストに貼り付けてもよいのですが、曲の開始タイミングを合わせるのが難しいので、Edisonを使って曲の頭をとることにします。

 ミキサーのFXパネルにEdisonを追加します。
 flcdsync-1-2.png

 Edisonが起動します。
 用意した音声ファイルをEdisonの画面上にドラッグアンドドロップします。
 flcdsync-1-3.png

 Edisonに音声ファイルが読み込まれます。
 flcdsync-1-3-1.png

 [PageUp]キーを押して拡大しながら、曲の先頭の波形を見つけます。
 flcdsync-1-4.png

 [Regions]ボタン(旗のマーク)をクリックし、[Add marker...]メニューを選択します。
 flcdsync-1-5.png

 マーカー名を聞いてくるので、適当な名前を入力し、[Enter]キーを押します。
 flcdsync-1-6.png

 画面の左端にマーカーが追加されます。
 flcdsync-1-7.png

 マーカーをドラッグし、波形の先頭に移動します。
 flcdsync-1-8.png

 マーカーをダブルクリックします。
 マーカー以降の音が選択され、赤色で表示されます。
 flcdsync-1-9.png


■ プレイリストに貼り付ける

 [Drag/copy sample/selection]ボタン(ツールボタンの一番右)をドラッグし、プレイリストにドロップします。
 flcdsync-1-10.png

 マーカー以降の音声がオーディオクリップとして追加されます。
 flcdsync-1-11.png


■ テンポを合わせる

 打ち込んだ音を曲に合わせて演奏するには、プロジェクトのテンポを曲のテンポに合わせる必要があります。

 オーディオクリップ左上の▼をクリックし、[Detect tempo]メニューを選択します。
 flcdsync-1-12.png

 次の画面が表示されます。曲のテンポにもっとも近いボタンを選びなさいという意味ですね。
 今回は[75 to 150]ボタンを押しました。
 flcdsync-1-13.png

 検出したテンポをプロジェクトに設定するかどうかの確認画面が表示されます。
 [Yes]ボタンを押します。
 flcdsync-1-14.png

 これでプロジェクトのテンポと音声ファイルのテンポが(とりあえず)一致しましたが、テンポに小数点が付いているとVOCALOIDと連携するときに不都合が出てきますので、キリのよい数字に変更します。
 テンポの小数部分を下方向にドラッグし、000にします。
 flcdsync-1-15.png

 オーディオクリップ左上の▼をクリックし、[Fit to tempo]メニューを選択します。
 音声のテンポがプロジェクトのテンポに合わせて調整されます。FL Studioがピッチを補正してくれるので、音程に変化は生じません。
 調整には時間がかかりますので、しばらく待ってください。
 flcdsync-1-16.png


■ 確認作業

 ドラムパターンを打ち込んでオーディオクリップと一緒に演奏し、ずれがないことを確認してください。曲の終わりになるほどずれが大きくなりますので、曲の最後までしっかりと確認してください。
 flcdsync-1-17.png


■ 音声ファイルの整理

 Edisonを使って作成したオーディオクリップは、C:\Program Files\Image-Line\FL Studio 7\Data\Patches\Sliced beatsフォルダに自動保存されます。
 flcdsync-1-20.png


 このままでも支障はないのですが、プロジェクトと同じフォルダに移動しておく方が後々分かりやすいので、オーディオクリップを移動しましょう。

 オーディオクリップを移動したら、チャンネル設定画面のフォルダのボタンを押します。
 flcdsync-1-18.png

 ファイルの選択画面が表示されますので、移動後のファイルを選択し、[開く]ボタンを押します。
 flcdsync-1-19.png


■ Edison使用時の注意事項

 Edisonに読み込まれた音声は、FL Studioのプロジェクトに保存されます。つまり、プロジェクトファイルのサイズが大きくなるということです。
 音声が不要になったら、[File]ボタンをクリックして[New]メニューを選択します。
 Edisonの音声がクリアされ、プロジェクトファイルを小さくすることができます。
 flcdsync-1-21.png


■ 最後に

 以上簡単ですが基本編を終わります。
 後日、VOCALOIDの歌声を乗せる方法や、テンポの変化に対応する方法をアップする予定です。お楽しみに。

以上
 
スポンサーサイト
FLStudio | 05:31:10 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。