■FC2カウンター

■プロフィール

filenotfound

Author:filenotfound
雑記はこちら(Hatena::Diary)

■目 次
■Blog Pet

↓突っつくとおしゃべりします


■投票

追加しました。
該当する項目をクリックしてください。

【9/20開始】 New!

【4/18開始】

【4/18開始】

【4/22開始】

■最近の記事
■カテゴリー

  

■月別アーカイブ

  

■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FL Studio 関連リンク

fllogo99.jpg
● 海外公式 ● 国内公式 ● まとめ/ニュースサイト ● 個人ブログなど ● FL-Chan関連 ● その他便利なサイト ● 検索

■なごみリンク
■RSSフィード
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--

FLStudio7:ReBirth RB-338マルチ出力対応テンプレート

 FL Studio 7でReBirth RB-338を利用するためのテンプレートを作ってみました。

チャンネル構成:
 ReWiredチャンネルと、ReBirthをコントロールするためのMIDI Outチャンネルを用意しました。
 rebirth-template-1.png

ミキサー構成:
 ReBirthの出力音を明記しています。
 出力は段階的にまとめられ、最終的にReBirth Mixトラックに集約されます。
 rebirth-template-2.png

MIDI Out:
 コントローラにTB-303のパラメータを割り当てました。
 rebirth-template-5.png




■ ダウンロード

 こちらをクリックしてください -> template_ReBirthMultiOut_0.1.zip

■ インストール方法

 ZIPファイル中の ReBirth MultiOutフォルダを C:\Program Files\Image-Line\FL Studio 7\Data\Projects\Templates\Power user フォルダの下にコピーします。

■ 環境設定

(1) FL StudioのMIDIポート設定
 [Options]-[MIDI settings]メニューを選択します。
 "Out To MIDI Yoke: 1"のPort Numberに11を指定します。
 rebirth-template-3.png

(2) ReBirthのMIDIポート設定
 [Edit]-[Preferences]メニューを選択します。
 "In From MIDI Yoke: 1"を選択し、[Remote MIDI Control] と [Use ReBitrh's Standard Mapping]をチェックします。
 rebirth-template-4.png


■ 使い方

(1) FL Studioが既に起動している場合、一度再起動してください。

(2) [File]-[New from template]-[Power User]-[ReBirth MultiOut]メニューを選択します。

(3) Fruity Notebookが開きます。詳細な説明が書かれているのでお読みください。

以上
 
スポンサーサイト
FLStudio | 11:05:39 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。