■FC2カウンター

■プロフィール

filenotfound

Author:filenotfound
雑記はこちら(Hatena::Diary)

■目 次
■Blog Pet

↓突っつくとおしゃべりします


■投票

追加しました。
該当する項目をクリックしてください。

【9/20開始】 New!

【4/18開始】

【4/18開始】

【4/22開始】

■最近の記事
■カテゴリー

  

■月別アーカイブ

  

■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FL Studio 関連リンク

fllogo99.jpg
● 海外公式 ● 国内公式 ● まとめ/ニュースサイト ● 個人ブログなど ● FL-Chan関連 ● その他便利なサイト ● 検索

■なごみリンク
■RSSフィード
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--

FLStudio7:MIDIコントローラを使う(リモートコントロール設定)

 モジュレーションを例にとり、MIDIコントローラを使ってシンセをリモートコントロールする方法を紹介します。



 今回の説明では、フリーのVST Synth1、SUPERWAVE P8、Independence FREEを使用します。実際に試したい方は記事「FL StudioからフリーのVSTを使う」、「Independence FREE:ダウンロード方法」を参考にインストールしてください。

■ Synth1の場合

 [Channels]-[Add one]-[Synth1 VST]メニューを選択します。
 fl7midicontroller4-1.png

 演奏しながら、MIDIコントローラのモジュレーションホイールを回してみましょう。
 何も変化がありませんね。
 実は、MIDIコントローラから出力される信号は直接シンセに渡されるのではなく、FL Studioが一旦受け取り、シンセに振り分けられています。音を変化させるための信号(ピッチベンドやモジュレーション)は、FL Studioでリモートコントロールの設定を行わない限り、シンセに渡されることはありません。
 
 でも不思議ですね。ピッチベンドは何もしなくても有効になっていました。(前回の記事参照)
 
 F8キーを押してブラウザを開き、Current project/Remote Controlフォルダを開いてください。
 [Omni - Channel pitch]という項目があります。
 fl7midicontroller4-2.png

 なんと、FL Studioで新しいプロジェクトを作成したとき、自動的にピッチベンドのリモートコントロール設定がされていたのですね。

 ではモジュレーションのリモートコントロールを設定しましょう。
 Synth1画面の左上をクリックし、[Browse parameters]メニューを選択します。
 fl7midicontroller4-3.png

 ブラウザの Current project/Generators/Fruity wrapper (Synth1 VSTi)フォルダが開き、パラメータの一覧が表示されます。
 fl7midicontroller4-4.png

 一覧から"MIDI CC #1 (Modulration wheeel)"を右クリックし、[Link to controller...]メニューを選択します。
 fl7midicontroller4-5.png

 リモートコントロール設定画面が表示されます。
 fl7midicontroller4-6.png

 先ほど選択した"MIDI CC #1 (Modulration wheeel)"に対して、MIDIコントローラのどのツマミを割り当てるのかを選択します。
 [Auto detect]がオンになっていることを確認し、MIDIコントローラのモジュレーションホイールを回してください。
 [Controller]に1が表示されるはずです。
 fl7midicontroller4-7.png

 [Accept]ボタンを押します。
 これで、MIDIコントローラのモジュレーションホイール操作が、MIDI CC #1の信号としてSynth1に送られることになります
 fl7midicontroller4-8.png

 演奏しながら、MIDIコントローラのモジュレーションホイールを回してみましょう。
 音にビブラートがかかるはずです。


メモ:MIDI CCについて
 MIDI CC(MIDIコントロールチェンジイベント)とは、音に対する操作を行うための信号で、0~127番までの128種類があります。コントロールチェンジイベントの一覧はこちらに纏めてあります。


メモ:VSTパラメータについて
 MIDI信号では、様々なメーカのシンセを共通的に扱える半面、それぞれのシンセに特有の細かな操作ができません(方法はあるのだけれども相当面倒です)。
 VSTプラグインでは、MIDI信号に加え、VSTパラメータと呼ばれるVST毎に特有の信号を受け取れる仕組みになっています。VSTプラグインは、「俺にはこんなパラメータがあるよ」と自己申告し、DAWソフトは申告されたパラメータを画面に表示します。ユーザは、画面に表示されたVSTパラメータを選択することで、VSTプラグインを細かく制御できるというわけです。ブラウザにMIDI CC以外のものが表示されていたと思いますが、これがVSTパラメータだったのですね。
  fl7midicontroller4-26.png




■ Independence FREEの場合

 [Channels]-[Add one]-[Independence FREE]メニューを選択します。
 fl7midicontroller4-9.png

 音色 [05-Synthesizers]-[Classic Synth]をロードします。
 fl7midicontroller4-10.png

 Synth1 のときと同様、モジュレーションのリモートコントロール設定を行います。
 fl7midicontroller4-11.png

 fl7midicontroller4-12.png

 fl7midicontroller4-13.png

 fl7midicontroller4-14.png

 演奏しながら、MIDIコントローラのモジュレーションホイールを回してみましょう。
 音にビブラートがかかるはずです。


■ SUPERWAVE P8の場合

 [Channels]-[Add one]-[SUPERWAVEP8]メニューを選択します。
 fl7midicontroller4-15.png

 Synth1 のときと同様、モジュレーションのリモートコントロール設定を行います。
 fl7midicontroller4-16.png

 fl7midicontroller4-17.png

 fl7midicontroller4-18.png

 fl7midicontroller4-19.png

 演奏しながら、MIDIコントローラのモジュレーションホイールを回してみましょう。
 音に変化がないですね。
 
 実は、楽器(VSTプラグイン)によって、受け取れるMIDIコントロールチェンジイベントの種類に差があるのです。
 ハードウェアシンセを購入したことのある方ならご存知でしょうが、マニュアル中に"MIDI Imprementation Chart"が必ず書いてあります。これは、MIDI規格に対する実装状況を示した資料で、どの種類のMIDI信号を受け取れるのかが判別できます。
 SUPERWAVE P8にはSUPERWAVEP8 MIDI Controller List.txtというテキストファイルが付いていますので見てみましょう。

SUPERWAVE P8 MIDI Controller List

5 PORTAMENTO TIME
7 VOLUME
9 MODULATION DEPTH
12 OSC 1 AMP LEVEL
    :


 MIDI CC#1(モジュレーション)が記載されていませんね。そのかわり、MIDI CC#9にModulation Depth(モジュレーションの深さ)が定義されています。

 今度はモジュレーションホイールをMIDI CC#9に割り当ててみましょう。
 fl7midicontroller4-20.png

 fl7midicontroller4-21.png

 fl7midicontroller4-22.png

 これでモジュレーションがかかるはずです。


■ Sytrusの場合

 [Channels]-[Add one]-[Sytrus]メニューを選択します。
 fl7midicontroller4-23.png

 Sytrus画面の左上をクリックし、[Browse parameters]メニューを選択します。
 fl7midicontroller4-24.png

 あれ?一覧にMIDI CCがありませんね。
 fl7midicontroller4-25.png


 実は、Sytrus等、FL Studioに標準でついているプラグインは、VSTプラグインではなく、FL Studio独自のFruityジェネレータプラグインという形式となっています。
 fl7midicontroller4-36.png

 Fruityジェネレータプラグインでは、MIDI CCではなく、プラグインのパラメータで音を制御する仕組みになっているようです。


 そんなわけで、Sytrusにモジュレーションをかけるためのパラメータを探すことにします。
 Sytrus画面で[MAIN]ボタンを押します。
 音色名の下に何か書いてありますね。音色を変えていくと内容が変化します。
 どのパラメータでどのような音色変化が行えるかが書いてあるようです。"Mod X"、"Mod Y"というのが頻繁に出てきます。
 fl7midicontroller4-27.png

 Sytrus画面の左上をクリックし、[Browse parameters]メニューを選択します。
 一覧を見ると・・・ありました。"Main - Modulation X"と"Main - Modulation - Y"が該当するパラメータのようです。
 fl7midicontroller4-28.png

 それではモジュレーションホイールを "Main - Modulation X"に割り当ててみましょうか。
 fl7midicontroller4-29.png

 fl7midicontroller4-30.png

 fl7midicontroller4-31.png

 モジュレーションホイールを動かすと音色が変化しました。他の音源のようにビブラートはかかりませんが、音の明るさが変化します。
 
 お手持ちのMIDIコントローラにX-Yコントローラ(十字に動くレバー)が付いているなら、X-Yコントローラを"Main - Modulation X"と"Main - Modulation - Y"に割り当ててください。レバーを上下左右に動かすことで音色が複雑に変化するはずです。

メモ:
 Fruityジェネレータプラグインでは、画面上でツマミを右クリックすることで直接リモートコントロールの設定をすることができます。ほとんどのツマミはリモートコントロール可能ですので、右クリックして確かめてください。
 fl7midicontroller4-35.png



■ リモートコントロール設定の削除方法

 一度設定したリモートコントロールを削除する方法について説明します。

 F8キーを押してブラウザを開き、Current project/Remote Controlフォルダを開きます。
 削除するリモートコントロールをクリックします。
 fl7midicontroller4-32.png

 リモートコントロール画面が表示されます。
 [Reset]ボタンを押したあと、[Accept]ボタンを押します。
 fl7midicontroller4-33.png

 リモートコントロール設定が削除されます。
 fl7midicontroller4-34.png




■ まとめ

(1) モジュレーションをかけるにはリモートコントロール設定が必要
(2) VSTプラグインによって受け取れるMIDI CCの種類が異なる
(3) VSTパラメータを使えばより細かくシンセを制御できる
(4) FruityジェネレータプラグインではMIDI CCによる制御はできない
(5) Fruityジェネレータプラグインではツマミを右クリックすることで簡単にリモートコントロールを設定できる

 今回はモジュレーションを例に説明しましたが、同様の手順でその他のパラメータを制御することができます。
 また、モジュレーションホイール以外のツマミも同様の操作で割り当てることができます(リモートコントロール設定画面で割り当てたいツマミを動かせばよい)。

 色々試して面白い使い方を見つけてください。

以上
スポンサーサイト
FLStudio | 18:50:07 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009-10-12 月 16:26:21 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。