■FC2カウンター

■プロフィール

filenotfound

Author:filenotfound
雑記はこちら(Hatena::Diary)

■目 次
■Blog Pet

↓突っつくとおしゃべりします


■投票

追加しました。
該当する項目をクリックしてください。

【9/20開始】 New!

【4/18開始】

【4/18開始】

【4/22開始】

■最近の記事
■カテゴリー

  

■月別アーカイブ

  

■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FL Studio 関連リンク

fllogo99.jpg
● 海外公式 ● 国内公式 ● まとめ/ニュースサイト ● 個人ブログなど ● FL-Chan関連 ● その他便利なサイト ● 検索

■なごみリンク
■RSSフィード
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--

FLStudio7:ピアノロールの操作(その9:もっと細かい音符を入力する)

 ピアノロールでより細かい音符を入力する方法を紹介します。



■ Time signatureを変更する方法

 デフォルトのTime signature設定で作成したプロジェクトがあるとします。
 この時点では、1ビート=4ステップ、1ステップ=16分音符です。
 fl7proll9-1-2.png
 
fl7proll9-1.png

 この時点でのスナップ設定の動作は次のとおりです。
 
Snap to grid選択値スナップ単位グリッド表示単位
(none)スナップしない32分音符
1/6step3連64分音符32分音符
1/4step64分音符32分音符
1/3step3連32分音符3連16分音符
1/2step32分音符同左
Step16分音符同左
1/6beat3連16分音符同左
1/4beat16分音符同左
1/3beat3連8分音符同左
1/2beat8分音符同左
Beat4分音符同左
Bar1小節同左



 [Options]-[Project general settings]メニューを選択します。
 Time signatureの[Beat]を8に変更し、[X]ボタンを押して画面を閉じます。
 これで、1ビート=8ステップ、1ステップ=32分音符に変更されました。
 fl7proll9-2.png


 ピアノロールに戻ると、タイムラインが先ほどの倍になっています。
 スナップ設定はステップに対する分数の形で指定するので、ステップあたりの音符が短くなった分、より短い音符が扱えるようになりました。
 ピアノロール上のノートを見てください。4分音符が8分音符に変わってしまいました。Time signatureのBar/Beatの変更は、新しいプロジェクトを作成した直後に行っておいたほうがよさそうです。
 fl7proll9-3-2.png
 fl7proll9-3.png


 Time signature変更後のスナップ設定の動作は次のとおりです。
 
Snap to grid選択値スナップ単位グリッド表示単位
(none)スナップしない64分音符
1/6step3連128分音符64分音符
1/4step128分音符64分音符
1/3step3連64分音符3連32分音符
1/2step64分音符同左
Step32分音符同左
1/6beat3連16分音符同左
1/4beat16分音符同左
1/3beat3連8分音符同左
1/2beat8分音符同左
Beat4分音符同左
Bar1小節同左



■ Time signatureを変更しない方法

(1) Chop機能を活用する
 32分音符を作成し、選択します。
 fl7proll9-4.png

 ツールメニューで[Chop]を選択します。
 fl7proll9-5.png

 [Time mul]ツマミを左いっぱいまで回し、[OK]ボタンを押します。
fl7proll9-6.png

 128分音符が4つ作成されます。
 fl7proll9-7.png

 作成された音符のうちの3つを選択し、Ctrl+Gキー(Glue)を押せば、普通の操作で入力できなかった付点64分音符も作成できます。

(2) その他の方法
 他にもいい手があるかもしれません。
 見つけ次第追記していきたいと思います。

スポンサーサイト
FLStudio | 09:23:53 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。