■FC2カウンター

■プロフィール

filenotfound

Author:filenotfound
雑記はこちら(Hatena::Diary)

■目 次
■Blog Pet

↓突っつくとおしゃべりします


■投票

追加しました。
該当する項目をクリックしてください。

【9/20開始】 New!

【4/18開始】

【4/18開始】

【4/22開始】

■最近の記事
■カテゴリー

  

■月別アーカイブ

  

■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FL Studio 関連リンク

fllogo99.jpg
● 海外公式 ● 国内公式 ● まとめ/ニュースサイト ● 個人ブログなど ● FL-Chan関連 ● その他便利なサイト ● 検索

■なごみリンク
■RSSフィード
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--

FLStudio7:ピアノロールの操作(その8:細かい音符を楽に入力する)

 ピアノロールで32分音符や64分音符などの細かい音符を入力するとき、音符が小さすぎて入力しにくいと感じたことはありませんか?今回は細かい音符を楽に入力する方法を紹介します。



■ ピアノロールの操作(その8:細かい音符を楽に入力)

 図のようなピアノロールを編集しているものとします。
 fl7proll8-1.png



(1) タイムベースの変更
 [Options]-[Project general settings]メニューを選択します。
 [Timebase]を192に変更します。
 変更が終わったら画面を閉じます。
 fl7proll8-2.png


(2) 細かい音符の入力
 ピアノロールに戻ると、タイムラインが2倍に引き伸ばされ、音符が拡大されています。
 音符を入力してください。
fl7proll8-3.png


(3) タイムベースを元に戻す
 細かい音符の入力が終わったら、[Timebase]を元の値に戻します。
 fl7proll8-4.png

 ピアノロールの表示が最初の状態に戻ります。
 fl7proll8-5.png



 タイムベース値を大きくするほど、タイムラインの倍率も大きくなります。
 細かい音符の編集が終わったらタイムベース値を元に戻してください。タイムベース値が大きいとCPUへの負担が大きくなります。


続きはこちら: FLStudio7:ピアノロールの操作(その9:もっと細かい音符を入力する)
スポンサーサイト
FLStudio | 07:44:43 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。