■FC2カウンター

■プロフィール

filenotfound

Author:filenotfound
雑記はこちら(Hatena::Diary)

■目 次
■Blog Pet

↓突っつくとおしゃべりします


■投票

追加しました。
該当する項目をクリックしてください。

【9/20開始】 New!

【4/18開始】

【4/18開始】

【4/22開始】

■最近の記事
■カテゴリー

  

■月別アーカイブ

  

■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FL Studio 関連リンク

fllogo99.jpg
● 海外公式 ● 国内公式 ● まとめ/ニュースサイト ● 個人ブログなど ● FL-Chan関連 ● その他便利なサイト ● 検索

■なごみリンク
■RSSフィード
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--

Independence FREE:マルチ出力する

 Independence FREEの音をマルチ出力し、FL Studioの複数のミキサートラックに割り当てる方法を紹介します。マルチ出力することで、それぞれの音に対して別のエフェクトをかけたり、音量やパンポットを個別に変更したりすることができます。

※本記事はIndependence Free 2.0.0 rev.2に対応しています。



■Independence FREE:音をマルチ出力する

 図のように3つのレイヤーがあるものとして話を進めます。
 ifree2-rev2-multiout-1.jpg


(1) マルチ出力を有効にする
 Independence FREE画面の左上の▼マークをクリックし、[Enable multiple outputs]をチェックします。
 ifree2-rev2-multiout-1-2.jpg


(2) 出力先の変更
 [MIXER]ボタンをクリックします。
 ifree2-rev2-multiout-2.jpg

 ミキサーが表示されます。
 A layer 02トラックの[audio out]をクリックします。
 ifree2-rev2-multiout-3.jpg

 メニューが表示されたら、[stereo]-[Stereo Out 02]を選択します。
 ifree2-rev2-multiout-4.jpg

 A layer 03トラックの[audio out]をクリックします。 
 ifree2-rev2-multiout-5.jpg

 メニューが表示されたら、[stereo]-[Stereo Out 03]を選択します。
 ifree2-rev2-multiout-6.jpg

 [audio out]の設定がA layer 01から、St.01、St.02、St.03になっていることを確認してください。
 ifree2-rev2-multiout-7.jpg


(3) チャンネル設定の変更
 チャンネルウィンドウからIndependence FREEを選択し、チャンネル設定画面を表示します。 [FX]に1を設定します。
 ifree2-rev2-multiout-8.jpg


(4) 演奏してみる
 F9キーを押してミキサーを表示したあと、再生ボタンを押して演奏を開始してください。
 トラック1にベース音、トラック2にドラム音、トラック3にギター音が流れるはずです。
 このように、チャンネル設定で指定したトラックを起点として、St.01、St.02、St.03、・・・の出力が順にミキサートラックに割り当てられます。

 ミキサーのフェーダーを上下することで、各パートの音量バランスを調整できます。
 ifree2-rev2-multiout-9.jpg


(5) エフェクトを追加する
 せっかくですので、エフェクトも追加してみましょう。
 今回は簡単にコンプレッサーだけをかけてみます。
 Insert1トラックを選択します。
 FXパネルで▼マークをクリックし、[Select]-[Fruity Compressor]メニューを選択します。
 ifree2-rev2-multiout-10.jpg

 続けて▼マークをクリックし、[Presets]-[Complete Mix]を選択します。
 ifree2-rev2-multiout-11.jpg


 Insert2トラックを選択します。
 FXパネルで▼マークをクリックし、[Select]-[Fruity Compressor]メニューを選択します。
 ifree2-rev2-multiout-11-2.jpg

 続けて▼マークをクリックし、[Presets]-[Drums]を選択します。 
 ifree2-rev2-multiout-12.jpg


 再生ボタンを押してみましょう。
 ベース音が太くなり、ドラム音(特にスネア)に張りが出たと思います。
 コンプレッサーをかけた音が大きくなったはずなので、再度音量バランスを調整してください。

(6) 最後に
 実はIndependence FREE側でもバランス調整やエフェクトの追加が行えるのですが、Independence FREE以外の楽器との調整を考えるとFL Studio側で操作したほうが楽だろうとの判断から、こちらの方法を紹介しました。

スポンサーサイト
フリー音源 | 23:41:41 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。