■FC2カウンター

■プロフィール

filenotfound

Author:filenotfound
雑記はこちら(Hatena::Diary)

■目 次
■Blog Pet

↓突っつくとおしゃべりします


■投票

追加しました。
該当する項目をクリックしてください。

【9/20開始】 New!

【4/18開始】

【4/18開始】

【4/22開始】

■最近の記事
■カテゴリー

  

■月別アーカイブ

  

■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FL Studio 関連リンク

fllogo99.jpg
● 海外公式 ● 国内公式 ● まとめ/ニュースサイト ● 個人ブログなど ● FL-Chan関連 ● その他便利なサイト ● 検索

■なごみリンク
■RSSフィード
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--

Fruity Keyboard Controllerの使い方

 Fruity Keyboard Controllerは、ノート(音階)とベロシティ(音の強弱)を使って任意のパラメータをオートメーションすることができるジェネレーターです。
 flkbctrl-1-0.png

 通常、オートメーションはイベントエディタやオートメーションクリップを使って制御しますが、これらの方法ではグラフで値を指定する必要があるため、微妙な値の変化を描くのが難しい場合があります。Fruity Keyboard Controolerのノートやベロシティを任意のパラメータに割り当てることで、オートメーションのタイミングや値を比較的簡単に指定することができます。

 今回紹介する内容は次のとおりです。

・Fruity Keyboard Controllerの追加方法
・とりあえず試してみよう
・Fruity Keyboard Controllerの設定方法
・Fruity Keyboard Controllerを使ったピッチベンドの制御
・サンプルプロジェクト




■ Fruity Keyboard Controllerの追加方法

 [CHANNEL]-[Add one]-[Fruity Keyboard Controller]メニューを選択します。
 flkbctrl-1-1.png


■ とりあえず試してみよう

 細かな使い方を説明するまえに、簡単な例を試して動作イメージを掴んでみましょう。
 Fruity Keyboard Controllerを使って、キックのパンとボリュームを制御してみます。
 
 プロジェクトを新規作成し、ドラムチャンネルが4つあることを確認します。ドラムチャンネルがない場合、[FILE]-[New from template]-[Minimal]-[Club Basic]メニューを選択します。
 flkbctrl-1-2.png

 [CHANNEL]-[Add one]-[Fruity Keyboard Controller]メニューを選択し、Fruity Keyboard Controllerを追加します。
 flkbctrl-1-3.png

 Kickチャンネルの[Channel panning]を右クリックし、[Link to controller...]メニューを選択します。
 flkbctrl-1-4.png

 [Internal controller]のリストボックスで "Kb Ctrl(Kb Ctrl) - Note" を選択し、[Accept]ボタンを押します。
 flkbctrl-1-5.png

 Kickチャンネルの[Channel volume]を右クリックし、[Link to controller...]メニューを選択します。
 flkbctrl-1-6.png

 [Internal controller]のリストボックスで "Kb Ctrl(Kb Ctrl) - Velocity" を選択し、[Accept]ボタンを押します。
 flkbctrl-1-7.png

 以上の設定で、次のコントローラ設定がされました。
 ・Keyboard Controllerのノート値 → Kickのパンポット
 ・Keyboard Controllerのベロシティ値 → Kickのボリューム

 適当にキックのパターンを打ち込み、演奏を開始します。
 flkbctrl-1-8.png

 Fruity Keyboard Controllerの画面で、真ん中のキーボードをマウスでクリックします。
 C5の音を中心に、キックのパンが左右に振れるのがわかります。
 flkbctrl-1-9.png

 Fruity Keyboard Controllerの画面で、真ん中のキーボードの上下をマウスでクリックします。
 ベロシティ値により、キックのボリュームが上下するのがわかります。
 flkbctrl-1-10.png

 Fruity Keyboard Controllerのピアノロールにノートを打ち込むことで、オートメーションを描くこともできます。
 flkbctrl-1-11.png



■ Fruity Keyboard Controllerの設定方法

Fruity Keyboard Controllerでは、次の手順で設定を行います。

(1) ノートの範囲を選択

 キーボード上部の隙間を左クリックして、ノートの範囲を選択します。
 選択された範囲は薄いオレンジ色で表示されます。
 flkbctrl-1-12.png


(2) ノートに値を割り当てる

 各ノートに値を割り当てます。
 キーボートをクリックしてノートを選択した後、[Value for current key]ツマミを回し、ノートに0.000(0%)~1.000(100%)の値を割り当てます。
 flkbctrl-1-13.png

 この方法ですべてのノートに対して値を設定するのは大変です。
 [▼](Auto mapping]ボタンからメニューを選択することで、ノート範囲の左端を0.000、右端を1.000とし、均等に値を自動設定することができます。
 flkbctrl-1-14.png

 メニューの意味は次のとおりです。
 ・Auto map (white + blank)
  黒鍵と白鍵の両方に値を割り当てます。
 ・Auto map (white)
  白鍵のみに値を割り当てます。

(3) オートリリースの設定

 通常、ノートを使ってパラメータを変更する場合、ノートを離してもパラメータは変化しませんが、オートリリースを使うことでノートを離したときにパラメータを所定の値に戻すことができます。
 [Auto Release]をオンにし、[Value for auto release]に値を設定します。
 flkbctrl-1-15.png

 
 先ほどの例を使って説明します。
 [Auto Release]をオンにし、[Value for auto release]に0.500を設定します。
 flkbctrl-1-16.png

 メモ:
 Ctrlキーを押しながらツマミを回すと値の微調整ができます。


 
 ステップシーケンサーとピアノロールを次のように打ち込み、演奏を開始します。
 flkbctrl-1-17.png

 [Auto release]をオフにすると、すべてのキックが右から聞こえますが、[Auto release]をオンにすると1拍目のキックのみ右から聞こえます。

(4) スムーシングの設定

 [Smoothing envelope time]ツマミを右に回すことで、値の変化速度を滑らかに(遅く)することができます。
 flkbctrl-1-18.png


■ Fruity Keyboard Controllerを使ったピッチベンドの制御

 Fruity Keyboard Controllerのプリセットに "To pitch knob(transposing)" があります。
 flkbctrl-1-19.png

 これをジェネレータの[Pitch]ノブに割り当てることで、Keyboard Controllerのノートを使ったピッチベンドが行えます。
 C1~C9の97鍵盤をピッチベンドの値(-4800cents~+4800cents)に割り当てるわけですから、1つのノートが100cents、つまり1半音になります。
 Fruityジェネレータ以外のVSTiでスライド奏法をする場合や、トランスポーズ(一定音階だけノートを移動)する場合にとても便利です。

メモ:
 Fruityジェネレータ以外のプラグイン(VSTi)を利用する場合、ピッチベンド幅はVSTi側のピッチベンド幅設定により変化します。VSTiのピッチベンド幅を±12にすることで、1ノート=1半音とすることができます。
 また、ピッチベンドの上下限はVSTiにより異なります。例えばSUPERWAVE P8の場合、最大±1オクターブまでしかピッチベンドできません。



■ サンプルプロジェクト

 キーボードコントローラを使ったサンプルプロジェクトを用意しました。
 ダウンロードはこちら: flkbctrl-demo.zip

 2つのキーボードコントローラを使って3xOSCをオートメーションしています。
 コントローラ設定は次のようになっています。
 ・Kb Ctrl (Note) → 3xOscのピッチ
 ・Kb Ctrl (Velocity) → 3xOscのボリューム
 ・Kb Ctrl #2 (Velocity) → 3xOscのレゾナンス

 チャンネル設定画面でKb CtrlチャンネルをミュートをオンオフすることでKeyboard Controllerの効果をオンオフでき、より分かりやすく効果を確かめることができます。
 flkbctrl-1-20.png


以上
スポンサーサイト
FLStudio | 09:44:07 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
いつもながら「あ、コレってこう使うんだ・・・」的な
細かさと親切満載の解説!
これからも更新がんばってください!
2008-05-17 土 19:59:13 | URL | nov [編集]
ありがとうございます。
最近は簡単に紹介できるネタが少なくなっていて、記事の作成に少々時間がかかります(正に手探りしています!)。
その点ご容赦ください。
2008-05-21 水 13:21:55 | URL | filenotfound [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。