■FC2カウンター

■プロフィール

filenotfound

Author:filenotfound
雑記はこちら(Hatena::Diary)

■目 次
■Blog Pet

↓突っつくとおしゃべりします


■投票

追加しました。
該当する項目をクリックしてください。

【9/20開始】 New!

【4/18開始】

【4/18開始】

【4/22開始】

■最近の記事
■カテゴリー

  

■月別アーカイブ

  

■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FL Studio 関連リンク

fllogo99.jpg
● 海外公式 ● 国内公式 ● まとめ/ニュースサイト ● 個人ブログなど ● FL-Chan関連 ● その他便利なサイト ● 検索

■なごみリンク
■RSSフィード
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--

Fruity Slicerプラグインの使い方(その1)

 今回はFruity Slicerプラグインの使い方について紹介します。
 flslicer-1-0.png

 Slicexの前身であるFruity Slicerの使い方をおさらいしておくことで、Slicexの理解の手助けになればと思った次第です。

 今回紹介する内容は次のとおりです。
・Fruity Slicerの追加方法
・Fruity Slicerの機能の理解
・ドラムループの加工例
・テンポ変更時の余韻の調整


■ Fruity Slicerの追加方法

 [CHANNELS]-[Add one]-[Fruity Slicer]メニューを選択します。
 flslicer-1-1.png


 ブラウザからFruity Slicerの画面へ音声ファイルをドラッグアンドドロップします。
 flslicer-1-2.png


 図のように波形が表示され、ピアノロールにノートが追加されます。
 flslicer-1-4.png

 flslicer-1-5.png


 Fruity Slicerの追加と音声ファイルのロードをまとめて行うことも出来ます。
 ブラウザで音声ファイルを右クリックし、[Open in new slicer channel]メニューを選択します。
 flslicer-1-3.png



■ Fruity Slicerの機能の理解

 Fruity Slicerの基本的な機能についておさらいしてみましょう。
 Fruity Slicerで音声ファイルをロードすると、音声ファイルが自動的に分割(スライス)されます。赤い縦線が分割点を示しています。
 スライスを右クリックして、各スライスの音を確認してください。
 flslicer-1-6.png

 一方、ピアノロールにも自動的にノートが追加され、音階名称にスライス名が表示されます。
 スライス名をクリックして各スライスの音を確認してください。
 flslicer-1-7.png

 サンプル音のスライスがピアノロールの音階に割り当てられていることがわかると思います。
 flslicer-1-8.png

 Fruity Slicerによって追加されたノートは、元の音の長さに合わせて調整されていますので、パターンを再生すると元のサンプル音と同じ音が鳴ります。
 試しにテンポを変更してみてください。サンプル音がノートとして配置されているので、テンポに追従してパターンが再生されます。

 このように、ノートを配置することで音声ファイル中のスライスを任意の順序で演奏することができるので、いわゆる「ブレイクビーツ的手法」でサウンドを構築するのに適しています。


■ ドラムループの加工例

 細かい機能の解説をする前に、Fruity Slicerを使って少し遊んでみましょうか。
 FL Studioに付属しているドラムループを加工してみましょう。

 ブラウザで Packs/DrumLoops/DL_Congruent.wav を選択し、Fruity Slicerにロードします。
 (FL Studio 8をお使いの場合、Packs/Loops/Drum Loops/Old Drum Loops/DL_Congruent.wav をロードしてください。)

 元のドラムループ:
   
   [ flslicer-1-1.mp3 ]

(1) フィルインの作成

 ピアノロールを開いて図のようにノートを追加します。
 flslicer-1-9.png

 4分音符のキック音が8分音符となり、フィルインのループとなりました。
   
   [ flslicer-1-2.mp3 ]

(2) ブレイクの作成

 ピアノロールを開いて図のようにノートを追加・削除します。
 flslicer-1-10.png


 キック音が消え、ブレイクのループとなりました。
   
   [ flslicer-1-3.mp3 ]


■ テンポ変更時の余韻の調整

 テンポ140の状態で先ほどのドラムループ DL_Congruent.wav をロードしたあと、テンポを125に変更します。
 flslicer-1-11.png

 再生してみると各スライス音の余韻が短く、ハイハットの音が少し切れた感じになっています。
   
   [ flslicer-1-4.mp3 ]

 この場合、[TS]の値を調整することで、余韻を調整することができます。
 flslicer-1-14.png

 手動での調整が難しい場合、自動調整することもできます。
 [TS]スライダーを右クリックし、[Auto detect]メニューを選択します。
 flslicer-1-12.png

 [TS]スライダーの値が自動的に調整され、余韻が自然になります。
 flslicer-1-13.png

   
   [ flslicer-1-5.mp3 ]

 なお、テンポを変更したあと再度ドラムループをロードすると自動的に余韻が調整されますが、ピアノロールのパターンがリセットされてしまいますのでご注意ください。


次回に続く
スポンサーサイト
FLStudio | 12:23:47 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
毎回
凄く親切で、しかもやたら判り易く
実際の具体例を示しながら説明されていて
毎回更新を楽しみにしてます!
ヘルプを見ても「この機能は~にトリガーします」とか
実際の使用用途がいまいちピンと来ないんですよね・・・。
これからも頑張って下さい!!
2008-04-10 木 15:25:10 | URL | nov [編集]
novさんはじめまして。
記事を書くときに注意しているのは、単なる機能紹介だとヘルプと一緒になってしまうので、なにかテーマを決めてそれを実現するための操作を紹介する流れにすることです。これがまた大変なのですが^^。
ループベースの曲製作はほとんど経験がないので、実際勉強しながらの記事作成となっています。それゆえアップ期間が開いてしまうことがありますがご容赦ください。
今後とも当ブログをよろしくお願いします。
2008-04-12 土 04:26:46 | URL | filenotfound [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。