■FC2カウンター

■プロフィール

filenotfound

Author:filenotfound
雑記はこちら(Hatena::Diary)

■目 次
■Blog Pet

↓突っつくとおしゃべりします


■投票

追加しました。
該当する項目をクリックしてください。

【9/20開始】 New!

【4/18開始】

【4/18開始】

【4/22開始】

■最近の記事
■カテゴリー

  

■月別アーカイブ

  

■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FL Studio 関連リンク

fllogo99.jpg
● 海外公式 ● 国内公式 ● まとめ/ニュースサイト ● 個人ブログなど ● FL-Chan関連 ● その他便利なサイト ● 検索

■なごみリンク
■RSSフィード
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--

Fruity Danceプラグインの使い方

FL Studio 8 RC1より追加されたジェネレータプラグイン「Fruity Dance」の使い方を紹介します。


■ Fruity Danceプラグインとは

 Fruity Danceとは、FL Studioのマスコットキャラクター「FL-Chan」を演奏に合わせて踊らせることができるプラグインです。
 ちなみに、Fruity Danceプラグインのアニメーションは、FL-ChanのキャラクターデザインをされたUruidoさんにより制作されました。(FL Studio 8のバージョン情報画面でクレジットを確認することができます)

 fldance-1-0.png




■ Fruity Danceプラグインの追加方法

 [CHANNELS]-[Add one]-[Fruity Dance]メニューを選択します。
 fldance-1-1.png

 チャンネルウィンドウにFruity Danceプラグインが追加されます。
 fldance-1-2.png

 Fruity Danceプラグインは、いくつも追加することができます。
 例えば3つのFruity Danceプラグインを追加すると、3人のFL-Chanを同時に踊らせることができます。


■ Fruity Danceプラグインの設定項目

 Ftuiry Danceプラグインの設定項目について説明します。
 fldance-1-3.png


[Dance move]
 踊りの種類を選択します。
 fldance-1-4.png


[Mirror horizontally]
 FL-Chanの表示を左右反転します。
 fldance-1-5.png


[Sync changes]
 Fruity Danceの踊りは8ステップ(2分音符)で一周します。
 オンにすると、踊りが一周したタイミングでのみ別の踊りに切り替わります。
 オフにすると、踊りが一周していなくても別の踊りに切り替えることができます。

[Visible]
 FL-Chanの表示有無を切り替えます。

[Solid]
 オンにするとFL-Chanをマウスで移動できます。
 オフにするとFL-Chanをマウスで移動できなくなります。

[Keep in front]
 オンにすると、FL-Chanを最前面に表示します。

[On desktop]
 オンにすると、FL Studioをアイコン化してもFL-Chanの表示が消えません。

[Blend]
 アニメーション時の残影の量を調整します。
 fldance-1-6.png


[Speed]
 踊りのスピードを調整します。
 fldance-1-7.png


[Reflect]
 FL-Chanの鏡像の濃さを調整します。
 fldance-1-8.png



■ FL-Chanを踊らせる方法

 [Dance move]で踊りの種類を選択し、曲を再生します。
 演奏中に[Dance move]を切り替えることで、踊りの種類を変えることができます。
 [Dance move]を[Random]にすると、8ステップ毎に踊りの種類をランダムに切り替えることができます。


■ FL-Chanの踊りをプログラムする

 ピアノロールを使って踊りの種類を切り替えることができます。
 これを利用して、曲の展開にあった踊りを選択することができます。

 チャンネルウィンドウで、Fruity Danceプラグインを右クリックし、[Piano roll]メニューを選択します。
 fldance-1-9.png

 
 ピアノロールが表示されます。
 音階に[Dance move]と[Visible]の値が割り当てられています。この音階にノートを配置することで、FL-Chanの表示有無や踊りの種類を切り替えることができます。
 fldance-1-10.png

 
 試しにノートを配置してみましょうか。
 踊りは8ステップ(2分音符)で一周するので、2分音符を使って踊りを切り替えましょう。
 2ビート毎に踊りが切り替わります。
 fldance-1-11.png

 
 今度は8ステップ以下の単位で踊りを切り替えて見ましょうか。
 [Sync changes]をオフにして、4分音符を配置します。
 1ビート毎に踊りが切り替わります。
 fldance-1-12.png


■ FL-Chanを移動させる方法

 Fruity Danceのパラメータ X coodinate、Y Coodinateをオートメーションで変化させることでFL-Chanの表示位置を移動することができます。
 fldance-1-13.png

 1600x1200ピクセルの画面上で、FL-Chanを左上から右下まで動かしてみましょうか。
 fldance-1-14.png


 Fruity Danceプラグイン画面で[Browse parameters]メニューを選択します。
 fldance-1-15.png

 X coodinateを右クリックし、[Edit events]メニューを選択します。
 fldance-1-16.png

 イベントエディタ画面で、値を50%から60%の範囲で変化させます。
 [Draw]アイコンを選択し、右ドラッグで直線を引いてください。
 fldance-1-17.png

 同様に、Y coodinateに対してもイベントエディタを開き、値を50%から57%の範囲で変化させます。
 fldance-1-18.png

 演奏を開始するとFL-Chanが踊りながら画面左上から右下へと移動します。
 
 
 イベントエディタで指定する値は画面の解像度により異なります。
 50%は画面左端(画面上端)を表します。画面右端(下端)のパーセンテージは次の計算式で求めることができます。
 

ピクセル数 ÷ 16384 × 100 + 50 (%)



■ 2008/4/1追記

 ニコニコ動画にFruity Danceの使い方の解説動画がアップされていました。
 とっても分かりやすいので、是非ご覧になってください。

  

  


以上
スポンサーサイト
FLStudio | 17:22:24 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
紹介ありがとうございます
はじめまして。長い方の解説動画の作者です。
動画を紹介していただいてありがとうございます。

FruityDanceを初めて使ったとき、
こちらの記事がたいへん参考になりました。
他にもFLで分からないことが出てきたとき、
何度も参考にさせていただきました。
素晴らしいブログを公開してくださって、どうもありがとうございます
(今日も実は録音のしかたを調べに来ました…)
これからもFL初心者の強い味方として、ブログ運営を頑張ってください。
2008-04-02 水 01:17:39 | URL | 遠野かなた [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。