■FC2カウンター

■プロフィール

filenotfound

Author:filenotfound
雑記はこちら(Hatena::Diary)

■目 次
■Blog Pet

↓突っつくとおしゃべりします


■投票

追加しました。
該当する項目をクリックしてください。

【9/20開始】 New!

【4/18開始】

【4/18開始】

【4/22開始】

■最近の記事
■カテゴリー

  

■月別アーカイブ

  

■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FL Studio 関連リンク

fllogo99.jpg
● 海外公式 ● 国内公式 ● まとめ/ニュースサイト ● 個人ブログなど ● FL-Chan関連 ● その他便利なサイト ● 検索

■なごみリンク
■RSSフィード
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--

プレイリストの使い方(基礎編)

 FL Studioのプレイリスト画面の使い方を紹介します。

 今回紹介する内容は次のとおりです。

・プレイリストの表示方法
・プレイリストの概要
・パターンの定義単位について
・パターンブロックの配置方法
・パターンの長さを変える方法
・プレイリストの再生
・Main automationについて



■ プレイリストの表示方法

 [F5]キーを押します。


■ プレイリストの概要

 プレイリストはパターンを並べて曲の構成を決めるためのものです。
 縦軸がパターンの並び、横軸が曲の進行方向(小節)を示しています。
 画面右にはパターンブロックトラックがあり、ここにパターンを配置することができます。
 画面下にはクリップトラックがあり、ここにオーディオ素材またはパターンを貼り付けることができます。
 fl7playlist-1-1.png

 下図はプレイリストの定義例です。
 この例では、曲のパート(楽器)ごとにパターンを分けて配置しています。
 パートの区切りが判りやすいように、パターン名称に"--------"を指定したダミーのパターンを作っています。
 クリップトラックには、オーディオ素材(この例ではボーカロイドの歌声)を貼り付けています。
 Pizz-1に注目してください。パターン Pizz-1 をパターンクリップとしてクリップトラックに貼り付けています。このように、パターンをクリップトラックに貼り付けることで、パターンの内容(ノート)をビジュアルに確認しながらパターンを配置することができます。

 fl7playlist-1-2.png


■ パターンの定義単位について

 1つのパターンには、複数のチャンネルに対する音の情報を定義することができます。
 1つのパターンに1つのチャンネルだけの音を定義しても、すべてのチャンネルの音を定義してもかまいません。曲の構成に合わせて自由に定義方法を変えることができます。

(1) 1パターン=1パート(楽器)の定義例

 この例では、Pattern1にドラム、Pattern2にベース、Pattern3にピアノ というように、楽器毎に別のパターンを定義しています。
 fl7playlist-1-3.png

 fl7playlist-1-4.png

 fl7playlist-1-5.png


(2) 1パターン=複数パート(楽器)の定義例

 この例では、Pattern1にドラム・ベース・ピアノをまとめて定義しています。
 fl7playlist-1-6.png


■ パターンブロックの配置方法

 パターンブロックトラックでマウスを左クリックすることで、パターンブロックを配置することができます。右クリックで配置したパターンブロックを削除できます。
 fl7playlist-1-7.png

 配置したパターンブロックをドラッグして左右に移動することができます。
 fl7playlist-1-8.png


■ パターンの長さを変える方法

 標準ではパターンの長さは1小節となっていますが、次の方法で長さを変えることができます。

(1) ステップシーケンサーを使っている場合

 チャンネルウィンドウ左上のビート数を変更することでパターンの長さを変えられます。
 fl7playlist-1-9.png

 fl7playlist-1-10.png


(2) ピアノロールを使っている場合

 ピアノロールに入力した小節数がそのままパターンの長さとなります。
 fl7playlist-1-11.png

 fl7playlist-1-12.png


■ プレイリストの再生

 プレイリストで定義した曲を再生するには、プレイモードをソングモードに切り替えます。
 fl7playlist-1-16.png


■ Main automation について

 プロジェクトを作成すると、9番目のパターンが"Main automation"となっています。
 これは、Fruity Loops 2.xではオートメーションを9番目のパターンにまとめて定義していた名残りだそうです。古いバージョンで作成したプロジェクトをインポートしない限り、Main automationは必要ありませんので削除してしまいましょう。
 fl7playlist-1-13.png

 Main automationを右クリックし、[Delete selected]メニューを選択します。
 fl7playlist-1-14.png

 Main automationが削除され、Pattern9に置き換わります。
 fl7playlist-1-15.png



次回に続く
スポンサーサイト
FLStudio | 17:49:50 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-03-01 土 10:43:47 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。