■FC2カウンター

■プロフィール

filenotfound

Author:filenotfound
雑記はこちら(Hatena::Diary)

■目 次
■Blog Pet

↓突っつくとおしゃべりします


■投票

追加しました。
該当する項目をクリックしてください。

【9/20開始】 New!

【4/18開始】

【4/18開始】

【4/22開始】

■最近の記事
■カテゴリー

  

■月別アーカイブ

  

■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FL Studio 関連リンク

fllogo99.jpg
● 海外公式 ● 国内公式 ● まとめ/ニュースサイト ● 個人ブログなど ● FL-Chan関連 ● その他便利なサイト ● 検索

■なごみリンク
■RSSフィード
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--

Independence FREE:ドラムの各パートをマルチ出力する

 Independence FREEのドラムの各パート(スネア、キック等)をマルチ出力し、FL Studioの複数のミキサートラックに割り当てる方法を紹介します。
 ドラムの各パートをマルチ出力することで、それぞれの音に対して別のエフェクトをかけたり、音量やパンポットを個別に変更したりすることができます。




■ 前提条件

 図のようにドラムセットのレイヤーがロードされているものとして話を進めます。
 ifree2-drummulti-1-1.png



■ セクション毎の出力先の変更

 [MODULE]タブを開きます。
 ifree2-drummulti-1-2.png

 画面右上の[content]ボタンを押します。
 ifree2-drummulti-1-3.png

 画面左にセクションの一覧が表示されます。
 セクションとは、サンプル音のセットを定義するためのものです。Kontaktの「グループ」に相当します。
 Independence FREEでは、レイヤーに含まれるセクション毎に、各種設定ができる仕組みになっています。
 ifree2-drummulti-1-4.png

 それではセクション毎の出力先を変更してみましょう。
 "Snare Drum"セクションを選択します。
 画面右の[output]をクリックし、[CUSTOM1 (stereo)]メニューを選択します。
 ifree2-drummulti-1-5.png

 同様に、"Cymbals"セクションの出力先をCUSTOM2に変更します。
 ifree2-drummulti-1-6.png

 次に"Bass Drum"の出力先を変更するわけですが、CUSTOM n のメニューを使い果たしてしまいましたので、カスタムチャンネルを追加する必要があります。
 [new custom channel]-[stereo]メニューを選択することで、新しいカスタムチャンネルを追加し、セクションに割り当てることができます。
 ifree2-drummulti-1-7.png

 ifree2-drummulti-1-8.png

 その他のセクションに対しても同様にカスタムチャンネルを割り当てます。
 ifree2-drummulti-1-9.png

 ifree2-drummulti-1-10.png



■ ミキサーの設定

 [MIXER]タブを開きます。
 ifree2-drummulti-1-11.png

 ミキサー画面にCUSTOM1~CUSTOM5までのチャンネルが表示されています。
 名前が分かりにくいので変更しましょうか。名前をクリックして新しい名前を入力し、[ENTER]キーを押します。
 ifree2-drummulti-1-12.png

 大分分かりやすくなりました。
 ifree2-drummulti-1-13.png


 それでは、各チャンネルに対して出力先を割り当てます。
 "Cymbals"チャンネルの[audio out]をクリックし、[stereo]-[Stereo Out 02]メニューをを選択します。
 ifree2-drummulti-1-15.png

 残りのチャンネルに対して、別の出力先を割り当てます。
 ifree2-drummulti-1-16.png



■ FL Studioの設定

 Independence FREE画面の左上の▼マークをクリックし、[Enable multiple outputs]をチェックします。
 ifree2-drummulti-1-17.png


 チャンネルウィンドウからIndependence FREEを選択し、チャンネル設定画面を表示します。
 [FX]に1を設定します。
 ifree2-drummulti-1-18.png



■ 演奏してみる

 それでは実際に演奏してみましょうか。
 ピアノロールでパターンを打ち込み、各パートが満遍なく演奏されるようにします。
 再生すると、図のように各ドラムパートがマルチ出力されているのが分かります。
 ifree2-drummulti-1-19.png



■ セクションをさらに細かく分けるには

 標準で定義されたセクションをさらに細かく分ける方法を紹介します。

 [MAPPING]タブを開き、右上の[content]ボタンを押します。
 画面左にセクションの一覧が表示されます。
 細かく分けるセクションを選択します。
 ifree2-drummulti-1-20.png

 画面右下のマッピング表示エリアでサンプル音をシフト+クリックで選択します。
 次に[select]をクリックします。
 ifree2-drummulti-1-21.png

 [create new section for selected audio file(s)]メニューを選択します。
 ifree2-drummulti-1-22.png

 選択したサンプル音が新しいセクションに移動されます。
 新しいセクションに対して、先ほどの要領で別の出力先を設定します。
 ifree2-drummulti-1-23.png


以上
スポンサーサイト
フリー音源 | 19:22:16 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。