■FC2カウンター

■プロフィール

filenotfound

Author:filenotfound
雑記はこちら(Hatena::Diary)

■目 次
■Blog Pet

↓突っつくとおしゃべりします


■投票

追加しました。
該当する項目をクリックしてください。

【9/20開始】 New!

【4/18開始】

【4/18開始】

【4/22開始】

■最近の記事
■カテゴリー

  

■月別アーカイブ

  

■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FL Studio 関連リンク

fllogo99.jpg
● 海外公式 ● 国内公式 ● まとめ/ニュースサイト ● 個人ブログなど ● FL-Chan関連 ● その他便利なサイト ● 検索

■なごみリンク
■RSSフィード
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--

FLStudio7:DirectWaveの使い方(Zoneタブによる音作り)

 DirectWaveでは、Zoneタブで個々のゾーンに各種設定を行うことで、色々な音作りができます。
 directwave7-1.png

 今回はZoneタブの使い方を紹介します。

主な見所は次のとおりです。
・タイムストレッチ機能の使い方
・モジュレーションマトリックスの使い方
・使えそうなオプションの説明





■ [EDIT/AUTOMATION]
 directwave7-2.png
 設定を全てのゾーンに対して行うのか、個々のゾーンに対して行うのかを切り替えることができます。
 個々のゾーンに対して設定を行うと緻密な音作りが出来る反面、CPUリソースの消費が大きくなります。基本的に[GLOBAL]で設定を行い、ゾーン毎に違う部分だけを[CURRENT SELEC.]で行うのが良いでしょう。

DirectWave設定のヒント:
ツマミを細かく回す場合には、[Ctrl]キーを押しながらマウスをドラッグします。



■ [MAIN]
 directwave7-3.png

 ピッチ・音の大きさ・定位を調整します。
 [GAIN]と[POST GAIN]の違いは良く分かりません。申し訳ないです。


■ [TIMESTRETCH]
 directwave7-4.png

 タイムストレッチの設定を行います。
 以前 この記事で、サンプラーが音階を再生するのにサンプル音の再生速度を調整していると説明しましたが、タイムストレッチ機能を利用することで、再生速度を保ったまま音階再生ができるようになります。
 [TIME]をオンにするとタイムストレッチが有効になります。一番上のツマミで再生速度を調整できます。[SYNC]をオンにすると、再生速度の指定単位がパーセンテージからTick数(音の録音単位)に変わります。
 [GRAIN]でタイムストレッチ処理の粒度を調整します。右に回すほど粒度が荒くなります。基本的に、ピッチを下げる場合は左に、上げる場合は右に回すと良い効果が得られるようです。
 [SMOOTH]では、タイムストレッチされた音を滑らかにする度合いを指定します。


 タイムストレッチの効果を体感していただくためにサンプル音声を用意ました。
 ボーカロイドの歌声をDirectWaveに読み込ませ、和音(G3-C4、C4-G4)で演奏し、ハーモナイズさせてみます。
 音程毎にバラバラな再生速度が、タイムストレッチによって揃えられているのが分かると思います。
  ・タイムストレッチ前
      
      [ directwave7-timestretch-off.mp3 ]
  ・タイムストレッチ後
      
      [ directwave7-timestretch-on.mp3 ]

 とても便利な機能なのに、日本語ヘルプには説明がないんですよね。もったいないです。


■ [FILTER1] / [FILTER2]
 directwave7-5.png

 フィルターの種類、カットオフ周波数、エンファシス(レゾナンス)が指定できます。[SHAPE]を大きくするとハードクリップリミッター(ディストーション)をかけることができます。

 directwave7-6.png directwave7-7.png
 このボタンを使って、フィルターを直列にするか並列にするかを選択できます。


■ [AMP] ENVEROPE
 directwave7-8.png

 音量エンベロープを指定します。


■ [ENV1] / [ENV2] ENVEROPE
 directwave7-9.png

 ユーザ定義のエンベロープを指定します。
 ここで定義したエンベロープは、後ほど説明するモジュレーションマトリクスで利用できます。


■ [LFO1] / [LFO2]
 directwave7-10.png

 LFOを指定します。
 ここで定義したLFOは、後ほど説明するモジュレーションマトリクスで利用できます。


■ [RINGMOD] / [DECIMATOR] / [QUANTIZER] / [PHASER]
 directwave7-11.png

 各種エフェクタを指定します。
 上手く説明できないので説明があっさりですが(笑)、設定すると音が変化するので、音を聴きながらいい設定を見つけてください。


■ [SEND]
 directwave7-12.png

 ディレイ・コーラス・リバーブへ送る音量を指定します。


■ [MOD MATRIX 1] - [MOD MATRIX 4]
 directwave7-13.png

 モジュレーションマトリックスを定義します。
 DirectWaveのキモともいえる機能で、モジュレーション(変調)の元となるものと、モジュレーション対象となるものを対にすることで、色々な効果を得ることができます。4×4=計16個まで定義することができます。
 directwave7-13-2.png


(1)モジュレーション元

 モジュレーション元の選択項目は次のとおりです。
 directwave7-14.png

 選択項目のうち、Auto Param 1~4、Mod Wheelは、オートメーションパラメータの次の項目に対応しています。
 directwave7-16.png
 directwave7-17.png


(2)モジュレーション先

 モジュレーション先の選択項目は次のとおりです。
 directwave7-15.png


(3)定義例

 directwave7-13.png

 この図の場合、次のような定義がされています。
・ノートのベロシティに応じてサンプル音の音量を変化させる。
・モジュレーションホイールの動きに応じて、モジュレーションマトリックス1ページ目の3つ目(つまり下の項目)の効き具合を変化させる。
・ゾーンLFO2に従ってサンプル音のピッチを変化させる



■ オプションの説明

 DirectWaveのオプション画面のうち、使えそうな項目だけを紹介しておきます。
 directwave7-18.png

(1) 64 Point Sinc Interpolation
 サンプル音に対する内部処理を64ビットベースで行います。
 指定すると音が良くなりますが、CPUへの負荷が高まります。
 最終ミックス時に利用すると良いでしょう。

(2) Total Recall Mode
 トータルリコールモードを有効にします。
 トータルリコールモードとは、DirectWave上で行った設定、およびロードされているWAVEファイルのすべてをプロジェクトファイルに保存する機能です。
 プロジェクトファイルのサイズが巨大になってしまいますが、サンプル音を別途保存する必要がなくなります。

以上
スポンサーサイト
FLStudio | 00:06:02 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。