■FC2カウンター

■プロフィール

filenotfound

Author:filenotfound
雑記はこちら(Hatena::Diary)

■目 次
■Blog Pet

↓突っつくとおしゃべりします


■投票

追加しました。
該当する項目をクリックしてください。

【9/20開始】 New!

【4/18開始】

【4/18開始】

【4/22開始】

■最近の記事
■カテゴリー

  

■月別アーカイブ

  

■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FL Studio 関連リンク

fllogo99.jpg
● 海外公式 ● 国内公式 ● まとめ/ニュースサイト ● 個人ブログなど ● FL-Chan関連 ● その他便利なサイト ● 検索

■なごみリンク
■RSSフィード
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--

Music Makerの自動作曲機能で遊んでみる

 Music Makerの自動作曲機能を使った曲作りの方法を紹介します。
 今回紹介する内容は次のとおりです。
・環境設定方法
・データーベースの再構築方法
・ソングメーカーを使った自動作曲
・ミキサーの使い方
・マスタリングスイートを使って音を豪華にする方法
・MP3ファイルの作成方法
・アレンジ(プロジェクト)の保存方法




■ 環境設定

 Music Makerを起動します。
 [設定]ボタンを押します。
 mmaker-run-1-1.png

 オーディオ再生設定でASIOドライバを選択します。
 ASIO対応のオーディオインターフェースがない場合、http://www.asio4all.com/ からASIO4ALL 2.7 - Englishをダウンロードし、インストールしてください。
 デフォルトの設定(ダイレクトサウンド)より、ASIO4ALLを使ったほうがレイテンシ(処理遅延)が少なくなりますので、是非インストールしてください。
 MIDIの入出力デバイスがあれば選択します。
 RAM使用サイズを搭載メモリ量に合わせて調整します。下の例ですと8MBを指定していますが、もう二桁くらい多くてもよさそうですね。
 設定が終わったら[OK]ボタンを押します。
 mmaker-run-1-2.png


■ サウンドプールの再構築

 [ヘルプ]-[ようこそダイアログを表示]メニューを選択します。
 mmaker-run-1-3.png

 [新規アレンジを開始]ボタンを押すと、エラーメッセージ「CDドライブの準備が不完全か、MAGIX media CDがインストールされていません」が表示されました。
 これは、音声データがディスク上にインストールされているにもかかわらず、Music Makerが認識していないことが原因です。 
 mmaker-run-1-4.png


 この問題を解決するために、サウンドプールの再構築を行います。
 [X]ボタンを押してダイアログを閉じます。

 画面左下の[サウンドプール]タブを押します。
 mmaker-run-1-5.png

 サウンドプールの再構築が行われます。
 mmaker-run-1-6.png


■ 新しいアレンジの作成

 アレンジとは、他のDAWソフトで言うプロジェクトに相当するものです。

 [ヘルプ]-[ようこそダイアログを表示]メニューを選択します。
 mmaker-run-1-7.png

 [新規アレンジを開始]ボタンを押すとテンプレートの一覧が表示されますので、作成する曲のジャンルを選択し、[X]ボタンを押します。
 mmaker-run-1-8.png


■ ソングメーカーを使って自動作曲する

 [ファイル]-[ソングメーカー]メニューを選択します。
 mmaker-run-1-9.png

 [ソングメーカー]画面が表示されます。
 音楽のスタイルを選択し、[OK]ボタンを押します。
 私の環境ではSwing、TechnoTransを選択するとWAVEが足りない旨のエラーが表示されてしまいました。DVDが破損していることが関係しているのでしょうか。
 ここではDiscoHouseを選択してみます。
 mmaker-run-1-10.png

 使用する楽器を選択します。
 mmaker-run-1-11.png

 曲の長さを秒単位で指定します。
 mmaker-run-1-12.png

 [新規アレンジ]ボタンを押します。
 mmaker-run-1-13.png

 自動作曲された結果がトラックに貼り付けられます。
 mmaker-run-1-14.png

 再生ボタンを押して曲を試聴できます。
 mmaker-run-1-15.png

 曲が気に入らなければ、再度[新規アレンジ]ボタンを押してください。再度作曲します。
 曲を変えずに使用する楽器を入れ替える場合は、使用する楽器を変更したあと、[選択楽器を置換]ボタンを押します。
 気に入った曲が出来上がったら[OK]ボタンを押してソングメーカーを終了します。


■ ミキサーの使い方

 ミキサーを使えば、楽器ごとの音量や定位(パンポット)を調整できます。

 [ウィンドウ]-[ミキサー]メニューを選択します。
 mmaker-run-1-19.png

 フェーダーを上下することで、音量のバランスを調整できます。
 パンポット(LRツマミ)を左右にまわすことで、音の定位を調整できます。
 mmaker-run-1-20.png


■ マスタリングスイートを使って音を豪華にする

 Music Makerにはマスタリングスイートと呼ばれるツールがあります。このツールを使えば、音の圧縮・イコライジング・リミッティング等のマスタリング作業をまとめて行うことができます。

 [ウィンドウ]-[マスタリングスイート]メニューを選択します。
 mmaker-run-1-16.png

 マスタリングスイート画面が表示されます。
 マスタリングスイートは、次の4つのエフェクタで構成されています。
 ・イコライザ(音質の調整)
 ・ステレオエンハンサ(ステレオ感の調整)
 ・マルチバンドコンプレッサー(音を圧縮する)
 ・リミッター(音量が上限を超えて歪まないようにする)
 mmaker-run-1-17.png

 エフェクタ1つ1つに対して設定するのはとても大変なので、プリセットを呼び出してみましょうか。画面上部の▼ボタンを押し、[CDマスタリング]メニューを選択します。
 mmaker-run-1-17-1.png

 全エフェクタの設定が読み込まれました。[スペース]キーを押して曲を再生してみましょうか。さっきより音が太く、そして艶やかになったと思います。
 mmaker-run-1-18.png


■ MP3ファイルを作成する

 [ファイル]-[アレンジメントをエクスポート]-[オーディオ MP3]メニューを選択します。
 mmaker-run-1-21.png

 ファイル名を入力し、[OK]ボタンを押します。
 mmaker-run-1-22.png


■ アレンジ(プロジェクト)を保存する

 [ファイル]-[名前をつけてアレンジメントを保存]メニューを選択します。
 mmaker-run-1-23.png

 ファイル名を入力し、[OK]ボタンを押します。
 mmaker-run-1-24.png


■ サンプル曲

 Music Makerのソングメーカー機能を使って作成した曲をアップしておきます。

 DiscoHouseサンプル
   
   [mmaker-housedemo1.mp3]

 Raggaeサンプル
   
   [mmaker-raggaedemo1.mp3]

以上


 
スポンサーサイト
Music Maker | 03:57:03 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。