■FC2カウンター

■プロフィール

filenotfound

Author:filenotfound
雑記はこちら(Hatena::Diary)

■目 次
■Blog Pet

↓突っつくとおしゃべりします


■投票

追加しました。
該当する項目をクリックしてください。

【9/20開始】 New!

【4/18開始】

【4/18開始】

【4/22開始】

■最近の記事
■カテゴリー

  

■月別アーカイブ

  

■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FL Studio 関連リンク

fllogo99.jpg
● 海外公式 ● 国内公式 ● まとめ/ニュースサイト ● 個人ブログなど ● FL-Chan関連 ● その他便利なサイト ● 検索

■なごみリンク
■RSSフィード
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--

FLStudio7:DirectWaveの使い方(自動サンプリング機能)

 今回はDirectWaveの自動サンプリング機能の使い方を紹介します。
 自動サンプリング機能を使えば、VSTiプラグイン(ソフトシンセ)の音色を簡単にサンプリングできます。CPU負荷の高いVSTiプラグインの音色をサンプリングすることで、CPU負荷を軽減するといった使い方ができます。





■ 前準備

 [OPTIONS]ボタンを押します。
 directwave5-1.png

 [Content Folder]にサンプリングした音を格納するフォルダを指定します。
 [VST Plugins Path]にVSTプラグインフォルダを指定します。
 directwave5-2.png


■ VSTiプラグインの読み込み

 [VST Instrument Host]の[...]ボタンを押し、VSTiプラグインのDLLファイルを選択します。(例 Synth1ならSynth1 VST.dllを選択する)
 directwave5-3.png


■ 音色の選択

 [Select Program]リストボックスでプリセットを選択します。
 [Open...]ボタンをクリックし、VSTバンク/プリセットファイル(*.fxb/*.fxp)を読み込むすることもできます。
 directwave5-4.png

 [^]ボタンを押せばVSTiプラグインの画面を表示できます。
 プリセットを選択しなくても、プラグインの画面で音色を作成し、その音をサンプリングすることもできます。
 [X]ボタンを押せば、読み込んだプラグインを削除できます。
 directwave5-5.png


■ 自動サンプリング

 directwave5-6.png

 各設定項目の意味は次のとおりです。
 [Low Key] サンプリングする音階の下限。デフォルトは24(C1)。
 [High Key] サンプリングする音階の上限。デフォルトは96(C7)。
 [Key Step] 1サンプルあたりの音階数(区間)。デフォルトは6。
 [Velo Splits] ベロシティレイヤーの数。デフォルトは1。
 [Num Programs] サンプリングする音色の数。
    2以上を指定すると、選択されたプリセットから順に音色を切り替え、
    複数の音色をサンプリングします。
 [Length] サンプリング長。デフォルトは1。

 とりあえずデフォルトの設定で実行してみましょうか。
 [Process]ボタンを押します。

 サンプリングが終わると、VSTiプラグインを削除するか聞いてきます。
 [はい]を選択すればVSTiプラグインが(DirectWave上から)削除されます。
 directwave5-7.png


 オプション画面を閉じ、ゾーンウィンドウを見るとこのように区間サンプリングされています。
 directwave5-8.png

 ループも自動設定されています。
 directwave5-8-1.png

 リリースタイムも自動設定されています。
 directwave5-8-2.png

 サンプリングされた音色は次のように保存されています。
 directwave5-9.png


■ 自動サンプリング(ベロシティレイヤリング)

 今度はベロシティレイヤを指定してサンプリングしてみます。
 [Velo Splits]に3を指定し、[Process]ボタンを押します。
 directwave5-10.png

 このように、ベロシティレイヤー付きでサンプリングされます。
 directwave5-11.png


■ 自動サンプリング(複数音色の一括サンプリング)

 今度は複数の音色を一括してサンプリングしてみます。
 先頭のプリセットを指定し、[Num Programs]に10を指定して[Process]ボタンを押します。
 directwave5-12.png

 このように、複数の音色がサンプリングされます。
 directwave5-13.png


■ 最後に

 自動プラグイン機能は他のサンプラーではお目にかかれない、とってもユニークな機能です(k(※1)。CPU負荷軽減以外にも、動作が不安定なプラグインの音色を取り出すといった用途もあります。どんどん活用していきたいですね。

 ※1:同等機能を持っているサンプラーも一応ありますが、数は少ないです。
    私が知る限りHighLifeくらいでしょうか。

 最後に1点注意事項ですが、自動サンプリング機能を使っているとたまにハングアップすることがあります。重要なプロジェクトは事前に保存しておいたほうが良いかもしれません。


以上
 ・
にも活躍しそうですね。
スポンサーサイト
FLStudio | 16:10:59 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
Image-lineでユーザー登録したのにダウンロードマネージャーがSampleFusionをダウンロードしてくれない・・・

なんだかBad loginと表示されているのでログインのエラーが起こっているみたいなのですが、右クリックでonline loginを選んでも404が表示されるだけだし・・・

バージョンはちょっと古いFL7なのですが、何か原因か考えられますかね?
2009-01-30 金 16:31:55 | URL | 社 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。