■FC2カウンター

■プロフィール

filenotfound

Author:filenotfound
雑記はこちら(Hatena::Diary)

■目 次
■Blog Pet

↓突っつくとおしゃべりします


■投票

追加しました。
該当する項目をクリックしてください。

【9/20開始】 New!

【4/18開始】

【4/18開始】

【4/22開始】

■最近の記事
■カテゴリー

  

■月別アーカイブ

  

■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FL Studio 関連リンク

fllogo99.jpg
● 海外公式 ● 国内公式 ● まとめ/ニュースサイト ● 個人ブログなど ● FL-Chan関連 ● その他便利なサイト ● 検索

■なごみリンク
■RSSフィード
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--

Fruity Vibratorの使い方

 FL Studioに付属のFruity Vibratorプラグインについて調査してみました。
 マニュアルには次のように書かれています。

Fruity Vibrator は、フォースフィードバックデバイス(ゲームコントローラ)を使って、曲にヴァイブレーションを加えます。フォースフィードバックデバイスがない場合は機能しません。


 なんだかさっぱり判らないので、「フォースフィードバック」をググってみました。
 [鈴木直美の「PC Watch先週のキーワード」 ]によると、フォーフィードバックの意味は次のとおりです。

 重力や抵抗などの反力反応をユーザーに伝えること。
 同様のものに、ハプティックフィードバック(haptic feedback)やタクタルフィードバック(tactile feedback)というものもあり、同義で用いられることもあるが、これらが主として触感を伝えるのに対し、衝撃や反動、振動、惰性、慣性といった物理的な力感を伝えるものを特にフォースフィードバックと呼ぶ。


 なんとなく判ってきました。ジョイスティックについているバイブレーション機能を制御するプラグインの様ですね。ネタっぽい雰囲気が濃厚ですが、せっかくなので使用方法をまとめてみます。




■ ゲームコントローラについて

 バイブレーション機能等のフォースフィードバック機能が付いていて、DirectX 5.0に対応したゲームコントローラであれば何でも使えると思います。私はエレコム製のジョイスティック JC-U1012FBKを使って試しました。


■ 使い方

 ゲームコントローラをUSBに接続してから、FL Studioを起動します。

 Fruity Vibratorプラグインを追加します。
 fl7vibrator1-1.png

 ゲームコントローラが自動認識されます。認識されない場合はメニューから選択してください。
 fl7vibrator1-2.png

 プリセット "Some effects" をロードします。
 fl7vibrator1-3.png

 Fruity Vibratorのピアノロールを開きます。
 fl7vibrator1-4.png

 C5~F5に何か割り当てられていますね。
 クリックするとジョイスティックが振動しました。指定する音階によって振動具合が変化するようです。
 fl7vibrator1-5.png

 では、ドラムパターンに合わせて振動させてみましょうか。
 4つ打ちのキックとFruity Vibratorのパターンを打ち込んでみました。
 再生するとキックの音に合わせてジョイスティックが振動します。
 fl7vibrator1-6.png

 ベロシティによって振動の大きさを変えることもできます。
 fl7vibrator1-7.png

 モーターの立ち上がりが遅いためか、振動のタイミングが少し遅れるようです。振動タイミングを前倒しにすることで、リズムを合わせることができます。
 fl7vibrator1-8.png


■ 最後に

 人に渡すプロジェクトファイルに仕込んでおけばイタズラできそうですね。音楽再生時にジョイスティックが振動したらかなり驚くと思います。
 どうみてもネタなプラグインを添付しているところにFL Studioの遊び心を感じました。さすがFL Studio、懐が深いですね。

以上 
スポンサーサイト
FLStudio | 00:36:30 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。