■FC2カウンター

■プロフィール

filenotfound

Author:filenotfound
雑記はこちら(Hatena::Diary)

■目 次
■Blog Pet

↓突っつくとおしゃべりします


■投票

追加しました。
該当する項目をクリックしてください。

【9/20開始】 New!

【4/18開始】

【4/18開始】

【4/22開始】

■最近の記事
■カテゴリー

  

■月別アーカイブ

  

■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FL Studio 関連リンク

fllogo99.jpg
● 海外公式 ● 国内公式 ● まとめ/ニュースサイト ● 個人ブログなど ● FL-Chan関連 ● その他便利なサイト ● 検索

■なごみリンク
■RSSフィード
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--

SoundEngine FreeでWMAファイルを読み書きする

 SoundEngine FreeでWMA形式ファイル(Windowsメディアプレイヤーのファイル形式)を読み書きする方法を紹介します。
 SoundEngine Freeのインストール方法については記事「SoundEngine Free(フリーのサウンド編集ソフト)の紹介」を参照してください。





■ WMAファイルを読み込む

 WMAファイルを読み込むには外部コマンド wavext をインストールする必要があります。

(1) wavextのダウンロード

 [WAVファイル変換・抽出ツールwavext(ベクター)]からwavext102.zipをダウンロードします。

(2) wavextのインストール

 wavext102.zipを解凍し、WAVEXT.EXEとWAVDEST.AXの2ファイルをSoundEngine Freeの画面にドラッグアンドドロップします。
 soundenginef-2-1.png


(3) コマンドラインの作成

 [コマンドライン]タブを開き、下記の内容をテキストエリアに貼り付けます。
 soundenginef-2-2.png

 貼り付ける内容

[Open]
Extension=wma
Execute=wavext.exe
Parameter= 2 44100 16 $src $dst
Text=wma decode

[Open]
Extension=wmv
Execute=wavext.exe
Parameter= 2 44100 16 $src $dst
Text=wmv decode


 ライブラリー名に「wma decode」を入力し、[保存]ボタンを押します。
 soundenginef-2-3.png


(4) WMAファイルの読み込み

 WMAファイルをSoundEngine Freeの画面にドラッグアンドドロップします。
 WMVファイルをドラッグアンドドロップし、動画の音声を読み込むこともできます。



■ WMAファイルを作成する

 WMAファイルを作成するには、マイクロソフト社が無償配布しているWindows Media エンコーダをインストールする必要があります。

(1) Windows Media エンコーダのダウンロード

 [Windows Media エンコーダ 9 シリーズ] を開きます。

 [続行]ボタンを押します。
 「ベータ版のダウンローダをインストールするか?」という意味合いの英語のメッセージが表示されることがありますが、[No]をクリックしてください。
  soundenginef-2-4.png

 しばらくするとボタンが変化します。
 [ダウンロード]ボタンを押します。
  soundenginef-2-5.png


(2) Windows Media エンコーダのインストール

 WMEncoder.exeを実行します。
 soundenginef-2-6.png

 [次へ]ボタンを押します。
 soundenginef-2-7.png

 [使用許諾契約書に同意します]をチェックし、[次へ]ボタンを押します。
 soundenginef-2-8.png

 インストール先はなるべく変更しないでください。
 [次へ]ボタンを押します。
 soundenginef-2-9.png

 [インストール]ボタンを押します。
 soundenginef-2-10.png

 [終了]ボタンを押します。
 soundenginef-2-11.png


(3) コマンドラインの作成

 [コマンドライン]タブを開き、下記の内容をテキストエリアに貼り付けます。
 Windows Media エンコーダのインストール先を変更した場合、テキスト中のパスを修正します。
 soundenginef-2-12.png

 貼り付ける内容

[Save]
Extension=wma
Execute=cscript.exe
Parameter="C:\Program Files\Windows Media Components\Encoder\WMCmd.vbs" -input $src -output $dst -a_codec WMA9PRO -a_mode 1 -a_setting 384_44_2_24
Text=wma WMA9PRO CBR 384_44_2_24 encode

[Save]
Extension=wma
Execute=cscript.exe
Parameter="C:\Program Files\Windows Media Components\Encoder\WMCmd.vbs" -input $src -output $dst -a_codec WMA9PRO -a_mode 2 -a_setting Q75_44_2_24
Text=wma WMA9PRO QVBR Q75_44_2_24 encode

[Save]
Extension=wma
Execute=cscript.exe
Parameter="C:\Program Files\Windows Media Components\Encoder\WMCmd.vbs" -input $src -output $dst -a_codec WMA9PRO -a_mode 3 -a_setting 256_44_2_24
Text=wma WMA9PRO BVBR 256_44_2_24 encode

[Save]
Extension=wma
Execute=cscript.exe
Parameter="C:\Program Files\Windows Media Components\Encoder\WMCmd.vbs" -input $src -output $dst -a_codec WMA9PRO -a_mode 4 -a_setting 256_44_2_24
Text=wma WMA9PRO PBVBR 256_44_2_24 encode

[Save]
Extension=wma
Execute=cscript.exe
Parameter="C:\Program Files\Windows Media Components\Encoder\WMCmd.vbs" -input $src -output $dst -a_codec WMA9LSL -a_mode 2 -a_setting Q100_44_2_24
Text=wma WMA9LSL lossless encode


 ライブラリー名に「wma encode」を入力し、[保存]ボタンを押します。
 soundenginef-2-13.png


(4) WMAファイルを作成する

 [ファイル]-[名前を付けて保存]メニューを選択します。
 [名前を付けて保存]画面が表示されたら、ファイルの種類を「WMAファイル(*.wma)」に変更します。
 ファイル名を入力し[保存]ボタンを押します。
 soundenginef-2-14.png

 保存品質の選択画面が表示されます。項目を選択し、[OK]ボタンを押します。
 soundenginef-2-15.png

 各項目の意味は次のとおりです。
・wma WMA9PRO CBR 384_44_2_24 encode
 CBR(固定ビットレート)/384Kbps/44kHz/ステレオ/24ビット
・wma WMA9PRO QVBR Q75_44_2_24 encode
 VBR(可変ビットレート)/品質75%/44kHz/ステレオ/24ビット
・wma WMA9PRO BVBR 256_44_2_24 encode
 VBR(可変ビットレート)/256Kbps/44kHz/ステレオ/24ビット
・wma WMA9PRO PBVBR 256_44_2_24 encode
 VBR(可変ビットレート)/最大256Kbps/44kHz/ステレオ/24ビット
・wma WMA9LSL lossless encode
 VBR(可変ビットレート)/品質100%(劣化なし)/44kHz/ステレオ/24ビット



■ 補足

(1) SoundEngine Freeのコマンドラインとは?

 外部コマンドを使ってファイルの読み書きを行う仕組みです。コマンドラインでファイルの拡張子・実行する外部コマンド名・外部コマンドに渡すパラメータを定義することで、新しいファイル形式に対応できます。
 外部コマンドとコマンドラインを追加することで、WMA以外の形式(例えばAPE形式)を読み書きすることもできます。
 コマンドラインの詳細については [SoundEngineコマンドライン置き場 / フォーラム / Cycle of 5th] を参照してください。

(2) WMAファイルの保存品質の変更

 コマンドラインで定義された、Windows Media エンコーダ(WMCmd.vbs)に渡すパラメータを変更すれば、WMAファイルの保存品質を変えることができます。
 WMCmd.vbsのパラメータについては、ヘルプファイル C:\Program Files\Windows Media Components\Encoder\WMEncUtil.chm を参照してください。
 また、コマンドプロンプトで次のコマンドを入力すれば、WMCmd.vbsの全パラメータを表示することができます。

cscript "C:\Program Files\Windows Media Components\Encoder\WMCmd.vbs"




■ 最後に

 本記事の作成にあたっては、[SoundEngineコマンドライン置き場 / フォーラム / Cycle of 5th] のhm1さんの書き込みを参考にさせていただきました。この場を借りて御礼申し上げます。

以上
スポンサーサイト
便利なソフト | 22:10:19 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016-07-17 日 16:17:13 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。