■FC2カウンター

■プロフィール

filenotfound

Author:filenotfound
雑記はこちら(Hatena::Diary)

■目 次
■Blog Pet

↓突っつくとおしゃべりします


■投票

追加しました。
該当する項目をクリックしてください。

【9/20開始】 New!

【4/18開始】

【4/18開始】

【4/22開始】

■最近の記事
■カテゴリー

  

■月別アーカイブ

  

■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FL Studio 関連リンク

fllogo99.jpg
● 海外公式 ● 国内公式 ● まとめ/ニュースサイト ● 個人ブログなど ● FL-Chan関連 ● その他便利なサイト ● 検索

■なごみリンク
■RSSフィード
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--

FLStudio7:CD音源に合わせて演奏する(伴奏のカラオケ化)

 CD音源のボーカルを削除し、カラオケ化する方法を紹介します。この方法を使えば、カラオケ化したCD音源に、ボーカロイドの歌声を乗せることができます。

 今回の内容は次のとおりです。
・Vocal Reducerを使ったカラオケ化
・SoundEngine Freeを使ったカラオケ化

 今回紹介するツールのインストール方法と使い方については、こちらの記事も参照してください。
VocalReducer(フリーのボーカルキャンセルソフト)の紹介
SoundEngine Free(フリーのサウンド編集ソフト)の紹介

注意:本記事は市販コンテンツの不正利用を推奨するものではありません。個人的に楽しむ範囲内で利用してください。



■ 曲全体をカラオケ化する方法

 VocalReducer(ボーカルリデューサー)を使って曲の最初から最後までをまとめてカラオケ化する方法です。
 一番手軽で音質も良好な方法ですが、ボーカル以外の音(例えばギターソロ)も一緒に消されてしまうことがあります。

(1) カラオケ化する音声ファイルの読み込み

 VocalReducerを起動します。
 カラオケ化する音声ファイルをVocalReducerの画面にドラッグアンドドロップします。
 flcdsync-3-1.png


(2) カラオケ化の実行

 [ボーカルリデュース実行]ボタンを押すとカラオケ化処理が始まります。少々時間がかかります。
 flcdsync-3-2.png


(3) カラオケ化完了

 処理が完了すると、カラオケ化前の音声ファイルと同じフォルダに、カラオケ化された音声ファイル名_cc.wavが作成されます。
 flcdsync-3-3.png




■ 曲の一部分をカラオケ化する方法

 SoundEngine Freeを使って、ボーカルのある部分だけをカラオケ化する方法です。
 操作は面倒ですが、ボーカル以外の楽器(ギターソロなど)を消さずにカラオケ化することができます。


(1) カラオケ化する音声ファイルの読み込み

 SoundEngine Freeを起動します。
 カラオケ化する音声ファイルをSoundEngine Freeの画面にドラッグアンドドロップします。
 flcdsync-3-6.png


(2) カラオケ化する範囲の選択

 波形が表示されたエリアの中心をドラッグして、カラオケ化する範囲を選択します。
 flcdsync-3-9.png

 [拡大][縮小]ボタンを使って表示範囲を調整するとやりやすいでしょう。
 flcdsync-3-8.png


(3) カラオケ化の実行

 [その他]-[ボーカルカット]メニューを選択します。
 flcdsync-3-10.png

 [ライブラリー]をクリックし、一覧から処理方式を選択します。
 ・ボーカルカット(弱) 音質の劣化は少ないですが、ボーカル音が少し残ります。
 ・ボーカルカット(強) 音質の劣化が激しいですが、ボーカル音がほぼカットされます。
 ・ボーカルトリム    ボーカル音以外をカットします。
 [選択範囲のみ]がチェックされていることを確認し、[OK]ボタンを押します。
 flcdsync-3-11.png

 ボーカルがカットされました。
 再生ボタンを押して結果を確認してください。再生位置はマウスホイールで変更できます。
 flcdsync-3-12.png

 結果が気に入らなければ、[元に戻す]ボタンを押し、カラオケ化をやり直すことができます。
 flcdsync-3-7.png


(4) 音量の調整

 カラオケ化を行うと音量が小さくなりますので、これを調整します。
 カラオケ化したときの範囲選択が残った状態で、[音量]-[ボリューム(音量調整)]メニューを選択します。
 flcdsync-3-13.png

 音量ダイアルを回し、ボリュームの増減値を設定します。テキスト部分をクリックすれば数字を入力して指定することもできます。
 [選択範囲のみ]がチェックされていることを確認し、[OK]ボタンを押します。
 flcdsync-3-14.png

 波形が大きくなりすぎていないこと(上下の限界を超えて波形が伸びていないこと)を確認してください。
 カラオケ化した部分としていない部分を比べると音質に違いがありますが、これはカラオケ化の仕組み上、仕方ないようです。
 flcdsync-3-15.png

 結果が気に入らなければ、[元に戻す]ボタンを押し、音量の調整をやり直すことができます。
 flcdsync-3-7.png


(5) 音声ファイルの保存

 カラオケ化が終わったら、[ファイル]-[名前をつけて保存]メニューを選択し、音声ファイルを保存します。
 flcdsync-3-16.png



■ 最後に

 カラオケ化したCD音源とプロジェクトのテンポを同期する方法、ボーカロイドの歌声を乗せる方法は以前紹介したとおりですので、次の記事を参照してください。
FLStudio7:CD音源に合わせて演奏する(基本編)
FLStudio7:CD音源に合わせて演奏する(ボーカロイドの歌声の追加)

 カラオケ化処理は中央にある音を削る方式となっています。このため、中央にある他の音も一緒に削られてしまうことが多いのです。
 特に、バスドラム、スネアドラム、ベース音が削られやすいように思います。
 FL Studioに貼り付けたあと、ドラムとベースを打ち込んで補強してやると良い感じに仕上がります。


以上
スポンサーサイト
FLStudio | 06:40:48 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。