■FC2カウンター

■プロフィール

filenotfound

Author:filenotfound
雑記はこちら(Hatena::Diary)

■目 次
■Blog Pet

↓突っつくとおしゃべりします


■投票

追加しました。
該当する項目をクリックしてください。

【9/20開始】 New!

【4/18開始】

【4/18開始】

【4/22開始】

■最近の記事
■カテゴリー

  

■月別アーカイブ

  

■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FL Studio 関連リンク

fllogo99.jpg
● 海外公式 ● 国内公式 ● まとめ/ニュースサイト ● 個人ブログなど ● FL-Chan関連 ● その他便利なサイト ● 検索

■なごみリンク
■RSSフィード
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--

SoundEngine Free(フリーのサウンド編集ソフト)の紹介

 SoundEngine FreeはCycle of 5thという日本の会社がフリーで配布しているサウンド編集ソフトです。再生・録音・編集といった基本機能に加えエフェクト機能が充実しており、とても便利なソフトです。また、最近のバージョンでボーカルカット(カラオケ)機能が付いたのも見逃せません。とりあえずインストールしておけ、的なソフトだと思います。

 それではインストールの手順と、CDリッピング・MP3の読み書きを行う方法を中心に紹介していきます。


■入手方法

 SoundEngine Free / Cycle of 5th 公式サイト
 ダウンロード / Cycle of 5th ダウンロードページ

 2007/12/31現在、バージョン3.06bが公開されています。
 ダウンロードページのSoundEngine Freeのリンクからダウンロードできます。
soundenginef-1-1.png



■ SoundEngine Freeのインストール方法

 ダウンロードしたインストーラを実行します。
soundenginef-1-2.png

 [次へ]ボタンを押します。
 soundenginef-1-3.png

 インストール先を確認し、[次へ]ボタンを押します。
 soundenginef-1-4.png

 [次へ]ボタンを押し、インストールを開始します。
 soundenginef-1-5.png

 [いいえ]ボタンを押します。
 soundenginef-1-6.png

 [閉じる]ボタンを押し、インストールを終了します。
 soundenginef-1-7.png


■ 起動方法

 デスクトップアイコンを開きます。
 soundenginef-1-8.png

 起動時の様子。
 soundenginef-1-9.png

 音量/空間/その他メニューを開いたところ。とても沢山のエフェクトが用意されています。
 soundenginef-1-9-1.png


■ SoundEngine FreeでCDリッピングする

 CDのリッピングを行うにはプラグインをインストールする必要があります。

(1) AKRIP32.DLLのダウンロード

 SourceForge.net: AKRip CD-DA Extraction Libraryを開きます。

 [Download AKRip CD-DA Extraction Library]ボタン(緑色のボタン)をクリックします。
 soundenginef-1-10.png

 akrip-binaryの[Download]ボタンをクリックします。
 soundenginef-1-11.png

 [akrip-dll-20010913.zip]をクリックします。
 soundenginef-1-12.png


(2) AKRIP32.DLLのインストール

 ダウンロードしたakrip-dll-20010913.zipを解凍し、AKRIP32.DLLをSoundEngine Freeの画面にドラッグアンドドロップします。
 soundenginef-1-13.png

 [OK]ボタンを押します。
 soundenginef-1-14.png


(3) CDのリッピング

 CDドライブをエクスプローラで開き、CDAファイルをSoundEngine Freeの画面にドラッグアンドドロップします。
 soundenginef-1-14-1.png

 コマンドプロンプトが起動し、進行状況が表示されます。
 soundenginef-1-14-2.png

 変換が終わったらSoundEngine Freeに音が読み込まれます。


■ MP3ファイルを読み込む

 MP3ファイルを読み込むにはプラグインをインストールする必要があります。

(1) VBMP3.DLLのダウンロード

 VisualBasic用 MP3操作DLL VBMP3(ベクター) からvbmp3151.lzhをダウンロードします。

(2) VBMP3.DLLのインストール
 vbmp3151.lzhを解凍し、VBMP3.DLLをSoundEngine Freeの画面にドラッグアンドドロップします。

 soundenginef-1-15.png

 [OK]ボタンを押します。
 soundenginef-1-16.png


(3) MP3ファイルの読み込み

 MP3ファイルをSoundEngine Freeの画面にドラッグアンドドロップします。


■ MP3ファイルを作成する

 MP3ファイルを作成するにはプラグインをインストールする必要があります。
 必要なプラグインは午後のこ~だ GOGO.DLLなのですが、GOGO.DLL単体では配布されていないため、午後のこ~だ本体をインストールする必要があります。既にGOGO.DLLのバンドルされたソフトをお持ちの場合、午後のこ~だのインストールを省略できます。

(1) 午後のこ~だのダウンロード

 @MARINECAT - フリーソフトWindows を開き、午後のこ~だ for Windows Ver3.13a をダウンロードします。
 soundenginef-1-17.png


(2) 午後のこ~だのインストール

 インストーラ wing313a.exe を起動します。
 soundenginef-1-18.png

 [次へ]ボタンを押します。
 soundenginef-1-19.png

 インストール先を確認し、[次へ]ボタンを押します。
 soundenginef-1-20.png

 [次へ]ボタンを押します。
 soundenginef-1-21.png

 [次へ]ボタンを押します。
 soundenginef-1-22.png

 [完了]ボタンを押します。
 soundenginef-1-23.png



(3) GOGO.DLLのインストール

 午後のこ~だのインストールフォルダを開き、GOGO.DLLをSoundEnginge Freeの画面にドラッグアンドドロップします。
 soundenginef-1-24.png

 [OK]ボタンを押します。
 soundenginef-1-25.png


(4) MP3ファイルを作成する

 [ファイル]-[名前を付けて保存]メニューを選択します。
 [名前を付けて保存]画面が表示されたら、ファイルの種類を「MP3ファイル(*.MP3)」に変更します。ファイル名を入力し[保存]ボタンを押します。
 soundenginef-1-26.png

 保存品質の選択画面が表示されます。項目を選択し、[OK]ボタンを押します。
 soundenginef-1-27.png



■ プラグインの格納フォルダについて

 SoundEngine Freeにドラッグアンドドロップしてインストールしたプラグインファイルは、「C:\Documents and Settings\ユーザ名\Application Data\Cycle of 5th\SoundEngine」フォルダに格納されています。
 soundenginef-1-28.png




以上
スポンサーサイト
便利なソフト | 06:40:20 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。