■FC2カウンター

■プロフィール

filenotfound

Author:filenotfound
雑記はこちら(Hatena::Diary)

■目 次
■Blog Pet

↓突っつくとおしゃべりします


■投票

追加しました。
該当する項目をクリックしてください。

【9/20開始】 New!

【4/18開始】

【4/18開始】

【4/22開始】

■最近の記事
■カテゴリー

  

■月別アーカイブ

  

■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FL Studio 関連リンク

fllogo99.jpg
● 海外公式 ● 国内公式 ● まとめ/ニュースサイト ● 個人ブログなど ● FL-Chan関連 ● その他便利なサイト ● 検索

■なごみリンク
■RSSフィード
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--

FLStudio7:CD音源に合わせて演奏する(ボーカロイドの歌声の追加)

 CD音源に合わせてボーカロイドの歌声を演奏する方法を紹介します。

 今回の内容は次のとおりです。
・FL StudioでCD音源に合わせてメロディラインを打ち込む
・メロディラインをMIDIファイルに出力する
・VOCALOID2エディタでMIDIファイルを読み込む
・VOCALOID2エディタで歌声をWAVEファイルで出力する
・CD音源とミックスする

注意:本記事は市販コンテンツの不正利用を推奨するものではありません。個人的に楽しむ範囲内で利用してください。



 前回の記事「FLStudio7:CD音源に合わせて演奏する(基本編)」どおり、CD音源を取り込んでテンポの同期が済んでいることを前提に説明します。


■ メロディラインの打ち込み

 3x Oscを追加します。
 flcdsync-2-1.png

 プレイリストで空きのパターンを選択し、メロディの開始位置にパターンブロックを置きます。
 flcdsync-2-2.png

 3xOscのピアノロールを開きます。
 flcdsync-2-3.png

 ソング再生モードにします。
 flcdsync-2-4.png

 プレイリストで、[Ctrl]キーを押しながらタイムラインをドラッグし、再生範囲を指定します。スペースキーで演奏を開始し、演奏を聴きながらメロディラインを打ち込みます。結果を音で聞きながら打ち込めるので音の長さやタイミングを合わせやすく、初心者にお勧めの方法です。
 2小節~4小節単位で打ち込み箇所をずらしながら進めると楽だと思います。
 flcdsync-2-5.png

 入力が完了したら、[Ctrl]キーを押しながらタイムラインをクリックし、再生範囲を解除します。この手順を忘れると、MIDIファイルの出力がうまく行きませんので気をつけてください。
 flcdsync-2-6-2.png



■ MIDIファイルの出力

 メロディラインをMIDIファイルに出力します。
 FL StudioではMIDIファイルへの出力対象はMIDI Outチャンネルのみとなっていますので、一時的に3xOscをMIDI Outに変更します。

 チャンネルウィンドウで3xOscを右クリックし、[Replace]-[MIDI Out]メニューを選択します。
 flcdsync-2-7.png

 3xOscがMIDI Outに変化します。
 flcdsync-2-8.png

 [File]-[Export]-[MIDI file...]メニューを選択します。
 flcdsync-2-9.png

 ファイル名を入力し、[保存]ボタンを押します。
 flcdsync-2-10.png

 [Start]ボタンを押します。
 flcdsync-2-11.png

 MIDIファイルの出力が完了したら、MIDI Outを3xOscに戻します。
 チャンネルウィンドウでMIDI Outを右クリックし、[Replace]-[3x Osc]メニューを選択します。
 flcdsync-2-12.png

 後ほど歌声をミックスする際、3xOscの音が邪魔になりますので、3xOscをミュートしましょう。
 左のランプをクリックし、消灯状態にします。
 flcdsync-2-13.png


■ テンポの設定

 VOCALOID2エディタを起動します。
 左一杯にスクロールし、120.00をダブルクリックします。
 flcdsync-2-14.png

 グローバルテンポ画面が表示されます。
 FL Studioのプロジェクトと同じテンポを指定し、[OK]ボタンを押します。
 flcdsync-2-15.png


■ ベンドの深さの設定

 [設定]-[デフォルト歌唱スタイル]メニューを選択します。
 flcdsync-2-16.png

 ベンドの深さに4を指定し、[OK]ボタンを押します。
 この設定は、短めの音符を演奏したとき、指定したとおりのピッチで発声されない現象を回避するためのものです。
flcdsync-2-17.png


■ MIDIファイルの読み込み

 [ファイル]-[読み込み]メニューを選択します。
 flcdsync-2-18.png

 先ほどFL Studioで出力したMIDIファイルを選択し、[開く]ボタンを押します。
 flcdsync-2-19.png

 読み込みオプション画面が表示されます。
 この画面では、MIDIファイルからどのトラックを読み込むのかを指定します。チェックされたトラックが1つしかない場合は、そのまま[OK]ボタンを押します。
 チェックされたトラックが複数ある場合、メロディラインのトラックだけをチェックし、[OK]ボタンを押します。
 flcdsync-2-20.png

 [OK]ボタンを押します。
 flcdsync-2-21.png

 読み込みに成功するとトラックが1つ追加されます。
 flcdsync-2-22.png

 1つ目のトラックは不要なので削除します。
 1つ目のトラックを選択後、右クリックして[トラックの削除]メニューを選択します。
 flcdsync-2-23.png

 [はい]ボタンを押します。
 flcdsync-2-24.png


■ 音符のノーマライズ

 VOCALOID2では和音を発声することができません。このため、音符のノーマライズを行い、音の重なりなくします。
 [ジョブ]-[音符のノーマライズ]メニューを選択します。
 flcdsync-2-26.png

 [OK]ボタンを押します。
 flcdsync-2-27.png


■ 歌詞の打ち込み

 読み込んだメロディラインに対して歌詞を打ち込みます。
 ノートを選択し、[F2]キーを押して読みをひらがなで入力し、[Enter]キーを押します。
 ノートを選択して[ジョブ]-[歌詞の流し込み]メニューを選択すれば、以降のノートに対して一気に歌詞を打ち込むことができます。


■ 出力する小節の選択

 QUANTIZEを 1/4 に変更したあと、[Ctrl]キーを押しながらルーラをドラッグします。
 スタートマーカーとエンドマーカーが表示されますので、マーカーをドラッグし、歌声の範囲を指定してください。なお、マーカーは小節の区切りに配置してください。
 flcdsync-2-27-1.png

 flcdsync-2-27-2.png


■ WAVEファイルの出力

 歌声をWAVEファイルに出力します。

 [ファイル]-[書き出し]-[Wave]メニューを選択します。
 flcdsync-2-28.png

 WAVEファイル名を入力し、[保存]ボタンを押します。
 flcdsync-2-29.png

 [OK]ボタンを押します。
 flcdsync-2-30.png

 少し時間が掛かります。気長に待ちましょう。
 flcdsync-2-31.png


■ FL Studioに歌声を追加する

 VOCALOID2エディタで作成したWAVEファイルを、プレイリストにドラッグアンドドロップします。
 flcdsync-2-32.png



■ 音量バランスの調整

 演奏してみると、おそらく歌声の音量が小さくて聞こえないはずです。
 オーディオクリップにミキサーを割り当ててバランスを調整しましょうか。

 チャンネル設定画面で、CD音源のFXに1を、歌声のFXに2を指定します。
 flcdsync-2-33.png

 ミキサーで音量を調整します。
 flcdsync-2-34.png


■ 歌声にエフェクトをかける

 素の歌声はとてもか細いので、どうしても伴奏に負けてしまいますね。
 軽くエフェクトをかけて見ましょう。

 歌声のトラック(Insert2)のFXパネルに、Fruity CompressorとFruity Reeverb 2を追加します。(▼をクリックして[Select]メニューを選択)
 Fruity Compressorの左にある▼をクリックし、[Presets]-[Complete Mix]メニューを選択します。
 flcdsync-2-35.png


 どうでしょう?声が聞き取りやすく、艶やかになった気がしませんか?
 私が知る限りでは、次のようなエフェクトを掛けるのが良いようです。
 ・コンプレッサーで音圧(音の密度)を上げる
 ・リバーブでエコーをかける
 ・コーラス/ショートディレイを使って声に厚みをつける
 ・ディエッサで歯擦音(さ行、た行のノイズ)を減少させる
 ・イコライザで音質を変化させる
 ・ピッチ補正エフェクタ(GSnap等)で音痴感をなくす

 いわゆる「職人」の方たちが言うには、ミクさんの声の半分以上はエフェクトによって決まるのだとか。色々試して研究しましょう。


■ 最後に

 以上簡単ですが説明を終わります。
 鏡音リン・レンが発売されたので、頑張って書いてみました。お役に立てばよいのですが。

以上
 
スポンサーサイト
FLStudio | 10:02:27 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
No title
最近FLと鏡音買ったんですが、分かりやすくてすごく参考になりました!
確かにCompressorとFruity Reeverb 2をかけるだけで断然良くなりました。
ここをみなかったらNormalizeしただけで満足してたと思うので危うかったですw
これからも覗かせていただきます、ありがとうございました。
2008-01-04 金 15:13:10 | URL | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。