■FC2カウンター

■プロフィール

filenotfound

Author:filenotfound
雑記はこちら(Hatena::Diary)

■目 次
■Blog Pet

↓突っつくとおしゃべりします


■投票

追加しました。
該当する項目をクリックしてください。

【9/20開始】 New!

【4/18開始】

【4/18開始】

【4/22開始】

■最近の記事
■カテゴリー

  

■月別アーカイブ

  

■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FL Studio 関連リンク

fllogo99.jpg
● 海外公式 ● 国内公式 ● まとめ/ニュースサイト ● 個人ブログなど ● FL-Chan関連 ● その他便利なサイト ● 検索

■なごみリンク
■RSSフィード
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--

FLStudio7:2GB以上のメモリを使用する

 現在リリースされているFL Studio 7(7.0.0/7.0.2)では、最大2GBのメモリしか使用できないそうです。これはWindows 32ビットアプリケーションの一般的な制限だそうです。ところが、Windowsとアプリケーションそれぞれに工夫をすることで、最大3GBのメモリを使用できるようなんです。
 そんなわけで、少し調査してみました。

続きを読む >>
スポンサーサイト
FLStudio | 18:54:32 | Trackback(0) | Comments(0)

FL Studioの64ビット対応動向

 Image-Lineフォーラムで面白い記事を見つけました。FL Studioの64ビット対応に関することです。
 http://forum.image-line.com/viewtopic.php?t=6559

 FL StudioってDelphiで作ってるみたいです。シブいっすね。
 この記事によると、Delphiの64ビット対応は2008末~2009になるとのこと。FL Studio 64ビット版のベータ版が出るのは早くとも2009春あたりでしょうか。(適当ですが)

 FL Studio本体はともかく、問題となるのは他メーカ製VSTの64ビット対応の足並みでしょうね。golさんも書いていますが、パフォーマンスを確保するにはFL Studio本体とVSTプラグインを同一プロセスで動かす必要があります。同一プロセス内で32ビット/64ビットの混在は無理ですから、VSTもすべて64ビット対応する必要があるってことですね。

 古い話で恐縮ですが、Windowsの16ビット版から32ビット版に移行する時期にも似たような話がありました。なかなか32ビット化されないコンポーネントがあったんで、サンクという特別な仕掛けを使って32ビット<->16ビットアプリの連携をやったものです。別プロセスになる上、16ビット-32ビットアプリでメモリ共有する都合からメモリ使用効率も悪くなってパフォーマンスはダメダメでしたね。
 性能がさほど要求されないビジネスソフトでもそんな感じでしたから、高度な性能を要求されるDAWソフトでプロセスを分けるってのはかなり厳しいんじゃないかと思います。(最近はプログラムを組んでいないので間違っているかも・・・。64ビットOSに良い仕組みがあったりするのかな。)

 というわけで、Image-Line社としては「視野には入れてそれなりに検討しているが、まだ動く時期じゃない」という状況のようです。

 以上、音楽に全く!関係ない話でした。


管理人のつぶやき | 04:45:40 | Trackback(0) | Comments(0)

X-Y Controller:ジョイスティックでシンセを制御する

 PC用のジョイスティックをお持ちの方は意外と多いんじゃないでしょうか。私も某ネットゲームに誘われてジョイスティックを買ったクチです。(結局やらずじまいでしたが。。。。)
 最近のPC用ジョイスティックには、プレステみたいにアナログスティックが2つも付いています。これでシンセを制御できれば楽しそうですよね。(絵的には格好悪いけどw)

 そんなわけで、今回はジョイスティックを使ってシンセを制御する方法を紹介します。





続きを読む >>
FLStudio | 01:16:06 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。