■FC2カウンター

■プロフィール

filenotfound

Author:filenotfound
雑記はこちら(Hatena::Diary)

■目 次
■Blog Pet

↓突っつくとおしゃべりします


■投票

追加しました。
該当する項目をクリックしてください。

【9/20開始】 New!

【4/18開始】

【4/18開始】

【4/22開始】

■最近の記事
■カテゴリー

  

■月別アーカイブ

  

■ブログ内検索

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■FL Studio 関連リンク

fllogo99.jpg
● 海外公式 ● 国内公式 ● まとめ/ニュースサイト ● 個人ブログなど ● FL-Chan関連 ● その他便利なサイト ● 検索

■なごみリンク
■RSSフィード
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--

ReBirth RB-338:環境設定とデモソング演奏

 今回はReBirth RB-338の環境設定方法と簡単な操作(デモソングを演奏)について紹介します。

続きを読む >>
フリー音源 | 01:25:07 | Trackback(0) | Comments(0)

ReBirth RB-338:インストール方法

 今回はReBirth RB-338のインストール方法を紹介します。


続きを読む >>
フリー音源 | 21:18:38 | Trackback(0) | Comments(9)

ReBirth RB-338:ダウンロード方法

 ReBirth RB-338という製品をご存知でしょうか。Propellerhead社が開発したソフト音源で、Reasonの前身とも言える製品です。ReBirthにはTB-303、TR-808、TR-909相当の音源が組み込まれているのですが、ユニークなのは実機に近い操作性を再現していることです。
 画面はこんな感じです。ボタンがいっぱいあってワクワクしますね。
 rebirth-dl-0.png

 実はこの音源、現在無償で配布されています。太っ腹ですね。Reasonの登場により役目を終えたからだとか。ReWireをサポートしており、FL Studioと連携できるのも見逃せません。
 そんなわけで、今回はReBirthのダウンロード方法を紹介します。

参考リンク:
 Wikiペディア - TB-303
 Wikiペディア - TR-808
 Wikiペディア - TR-909
 Wikiペディア - ReBirth_RB-338

続きを読む >>
フリー音源 | 20:24:25 | Trackback(0) | Comments(3)

DTM関連記事 目次

本ブログのDTM関連記事の目次です。

※本ページは手動更新のため、更新が遅れることがあります。
 最新記事は画面左の「最近の記事」からどうぞ。




続きを読む >>
未分類 | 08:44:35 | Trackback(1) | Comments(0)

FLStudio7:MIDIコントローラを使う(MIDIラーン機能)

 FL StudioでMIDIラーン(MIDI Learn)機能を使う方法を紹介します。
 最初に断っておきますが、FL StudioとMIDIラーン機能の相性は良くありません。その点を踏まえてお読みください。


続きを読む >>
FLStudio | 08:41:42 | Trackback(0) | Comments(0)

FLStudio7:MIDIコントローラを使う(複数のシンセの制御)

 MIDIコントローラを使って複数のシンセを制御する際のコツを紹介します。


続きを読む >>
FLStudio | 01:24:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FLStudio7:2GB以上のメモリを使用する

 現在リリースされているFL Studio 7(7.0.0/7.0.2)では、最大2GBのメモリしか使用できないそうです。これはWindows 32ビットアプリケーションの一般的な制限だそうです。ところが、Windowsとアプリケーションそれぞれに工夫をすることで、最大3GBのメモリを使用できるようなんです。
 そんなわけで、少し調査してみました。

続きを読む >>
FLStudio | 18:54:32 | Trackback(0) | Comments(0)

FL Studioの64ビット対応動向

 Image-Lineフォーラムで面白い記事を見つけました。FL Studioの64ビット対応に関することです。
 http://forum.image-line.com/viewtopic.php?t=6559

 FL StudioってDelphiで作ってるみたいです。シブいっすね。
 この記事によると、Delphiの64ビット対応は2008末~2009になるとのこと。FL Studio 64ビット版のベータ版が出るのは早くとも2009春あたりでしょうか。(適当ですが)

 FL Studio本体はともかく、問題となるのは他メーカ製VSTの64ビット対応の足並みでしょうね。golさんも書いていますが、パフォーマンスを確保するにはFL Studio本体とVSTプラグインを同一プロセスで動かす必要があります。同一プロセス内で32ビット/64ビットの混在は無理ですから、VSTもすべて64ビット対応する必要があるってことですね。

 古い話で恐縮ですが、Windowsの16ビット版から32ビット版に移行する時期にも似たような話がありました。なかなか32ビット化されないコンポーネントがあったんで、サンクという特別な仕掛けを使って32ビット<->16ビットアプリの連携をやったものです。別プロセスになる上、16ビット-32ビットアプリでメモリ共有する都合からメモリ使用効率も悪くなってパフォーマンスはダメダメでしたね。
 性能がさほど要求されないビジネスソフトでもそんな感じでしたから、高度な性能を要求されるDAWソフトでプロセスを分けるってのはかなり厳しいんじゃないかと思います。(最近はプログラムを組んでいないので間違っているかも・・・。64ビットOSに良い仕組みがあったりするのかな。)

 というわけで、Image-Line社としては「視野には入れてそれなりに検討しているが、まだ動く時期じゃない」という状況のようです。

 以上、音楽に全く!関係ない話でした。


管理人のつぶやき | 04:45:40 | Trackback(0) | Comments(0)

X-Y Controller:ジョイスティックでシンセを制御する

 PC用のジョイスティックをお持ちの方は意外と多いんじゃないでしょうか。私も某ネットゲームに誘われてジョイスティックを買ったクチです。(結局やらずじまいでしたが。。。。)
 最近のPC用ジョイスティックには、プレステみたいにアナログスティックが2つも付いています。これでシンセを制御できれば楽しそうですよね。(絵的には格好悪いけどw)

 そんなわけで、今回はジョイスティックを使ってシンセを制御する方法を紹介します。





続きを読む >>
FLStudio | 01:16:06 | Trackback(0) | Comments(0)

FLStudio7:MIDIコントローラを使う(リモートコントロール設定)

 モジュレーションを例にとり、MIDIコントローラを使ってシンセをリモートコントロールする方法を紹介します。

続きを読む >>
FLStudio | 18:50:07 | Trackback(0) | Comments(1)

動くFL mascot 'chan(golさん大暴走の巻)

 ここを見て下さい。
 http://forum.image-line.com/viewtopic.php?t=7040

 FLマスコットちゃんを使って、golさんが何か作ったみたいです。
 音にあわせてアニメーションするとのこと。Wave Candyプラグインを改造したらしい。
 というか、golさん仕事が速いね!
flmascotchan-thehand.png

 Wave Candyはオシロスコープ・スペアナのプラグインです。今は別売りされていますが、FL Studio 8で標準添付されるようです。マスコットちゃんも付いてくるのかな?


FL Chan | 05:09:58 | Trackback(0) | Comments(0)

FL mascot 'chan 完成?

http://forum.image-line.com/viewtopic.php?t=6851

FLマスコットちゃん完成したみたいですね。
jmcが「報酬に値する」なんて言ってますね。作者に連絡を取りたがってるみたい。

面白くなってきました。

------
2007/12/12追記
 FL Studioユーザでないとフォーラムの絵が見れないみたいなので、FL Studioの壁紙にしてスクリーンショットを取ってみました。(版権等の問題がありそうなので縮小しています。雰囲気だけでもどうぞ。)
 flmascotchan-small.png


 絵は素人なのでよくわかりませんが、服のしわとかも綺麗に書き込まれていて感心しました。とてもかわいらしく書けていると思います。

FL Chan | 01:15:33 | Trackback(0) | Comments(2)

FLStudio7:MIDIコントローラを使う(ピッチベンド)

 FL StudioでMIDIコントローラを使って、シンセのピッチベンドを制御する方法を紹介します。


続きを読む >>
FLStudio | 21:30:54 | Trackback(0) | Comments(3)

初音ミク:VOCALOID2エディタを使いやすくするツール

 VOCALOID2エディタの操作性を向上させるツールを紹介します。

 サイト:はちゅねのないしょ配布所

 サイトには色々なツールがあって何を入れていいか迷いますが、とりあえず「WaveRender/KeySupport/ArrowFix」セットの最新バージョンだけをインストールすれば十分です。

 このソフトで出来ることは次の3つです。
(1)VOCALOID2エディタだけでの、伴奏とボーカルのミックス演奏
(2)ショートカットキー追加による操作性の向上
(3)イベントエリアでのカーソルのずれを補正

 特に(3)はありがたいですね。VOCALOID2エディタでイベントの範囲選択や描画を行う際、どうしてもぴったり音符や小節にあわせることができなくて困っていたので。
 (1)の機能はまだ使っていませんが、ReWireで連携できないことのあるFL Studioにとっては便利な機能じゃないかなと思います。

以上



2008/1/4追記
・鏡音リン・レンに付属のVOCALOID2エディタでは、(3)の不具合が修正されているようです。
これでArrowFixが不要になるかと思いきや、ArrowFixにはさらに便利な機能が用意されていますので、引き続きArrowFixのお世話になりそうです。
・はちゅねのないしょのインストール方法を[こちら]にまとめました。


VOCALOID2 | 07:52:02 | Trackback(0) | Comments(0)

楽譜用のフリーフォント

 先日この記事を書いたとき、音符を表示したくて楽譜のフォントを探し回り、フリーの良いフォントを見つけました。

SimplytheBest Fonts musical symbols

 フリーフォントにしては十分な品質だと思います。インストールも簡単で、ZIPから解凍したttfファイルをコンパネのフォントにコピーするだけでOKでした。
 フォントがあっても配置するソフトがないので、楽譜はさすがに打ち込めないですね。イメージ化してグラフィックソフトでチマチマ配置するしかないのかな。

 で、楽譜を作成するソフトはないだろうかと調べてみたらこんな記事を見つけました。どうやら出版用の楽譜制作講座のサイトらしいんですが、譜面作成にフィナーレを使っているそうです。フィナーレってパっとしないDTMソフトのわりに長続きしてるよなーと思ってたんですが、実はこういう分野で活躍しているのですね。世の中には色々なニーズがあるものだと関心しました。


管理人のつぶやき | 07:26:01 | Trackback(0) | Comments(0)

FLStudio7:MIDIコントローラを使う(設定方法)

 FL StudioでMIDIコントローラを使うための設定方法を紹介します。

続きを読む >>
FLStudio | 05:44:34 | Trackback(0) | Comments(0)

MIDIコントロールチェンジ一覧

MIDIのコントロールチェンジの一覧。自分用メモです。


続きを読む >>
未分類 | 00:41:02 | Trackback(0) | Comments(0)

FLStudio7:MIDIコントローラを使う(概要)

 MIDIコントローラの概要について紹介します。初心者向けです。

続きを読む >>
FLStudio | 00:18:46 | Trackback(0) | Comments(1)

Kontakt3:マルチコアCPUでの動作

 FL StudioでKontakt3を使う場合のマルチコアCPUの利用状況について調査してみました。
 調査のきっかけとなったのはこの記事(KONTAKTのパフォーマンスをもっと良くしたい)です。Cubase4でKontakt3を使うときは、Kontakt3を複数追加し、Kontakt3のマルチプロセッサオプションをOFFにしたほうがパフォーマンスが良くなるそうです。目からウロコ!ですね。じゃあFL Studioではどうなんだろう?と思った次第です。



続きを読む >>
市販音源 | 16:57:24 | Trackback(0) | Comments(0)

FLよ、おまえもか

 2chのFLスレで盛り上がっている話題ですが、2chをご覧にならない方のために転載しときます。

http://forum.image-line.com/viewtopic.php?t=6851

 メインプログラマーのgolさんがFLのマスコットをご所望の様子。"FL mascot 'chan"とありますから2次元萌えキャラがいいのかな。ミクがDX7を元にデザインされたように、FLのデザインを基調にして欲しいみたいです。
 日本の代理店じゃなくて本家がこういう動きをするとは予想外ですね。 

 仕事のお金が出るのかとの問いには "I'd pay, but I doubt JM & Frank are any interested in that" だって・・・。同僚には萌えが理解してもらえないみたい。かわいそうw

 面白そうな話ではあるけれど、FL起動する度に萌えキャラが表示されるのはヤダなあ。

管理人のつぶやき | 19:06:06 | Trackback(0) | Comments(0)

FLStudio7:マルチコアCPUでの動作

 FL Studioの一般設定画面に[Multithreaded generator processing]というオプションがあります。
 fl7multicpu1-1.png

 マニュアルによれば

Multithreaded generator processing - マルチコア、あるいはマルチスレッドのCPUを使用している場合、このオプションを有効にするとマルチコア/マルチスレッド対応のジェネレータにおいてCPU負荷を分散し、パフォーマンスを向上します。

 とのことですが、どうも怪しいんです。CPUが1個しか使われてないときがあるんです。
 そんなわけでマルチコアCPUでのFL Studioの動作を調べてみました。

続きを読む >>
FLStudio | 10:35:58 | Trackback(0) | Comments(0)

FL StudioからフリーのVSTを使う

 今回はFL StudioからフリーのVSTを使う方法を紹介します。とっても初心者向けの内容です。


続きを読む >>
フリー音源 | 01:59:34 | Trackback(0) | Comments(0)

2匹目のドジョウ?

初音ミクの成功に続けってことで各社頑張ってるようですが・・・

■ http://www.dirigent.jp/products/ni/ak1_pack_lto/index.html
これはいただけませんねw
「私立ネイティブ学園」というフレーズにはグっとくるけれど、
キャラクターは貧相だし、文面からユーザをナメてる雰囲気が感じ取れる。
オタクはそういうのに敏感だからね。
ディリゲントさん、こんなのに力入れてる暇あったら(以下自粛)
でも、これだけついて40k¥弱ってのはお買い得感がありますね。
#一応NIユーザなので、影ながら応援はしています、とフォローしておきます。

■ http://www.ah-soft.com/musicmaker/jam.html
こっちはまだ絵1枚だけだけれど、ネイティブ学園よりクオリティが高いね。
萌えキャラっぽくて普通にウケそうな感じ。
Music Makerってソフト初めて知ったんだけれど、どんなもんでしょう。
ぱっと見ACIDっぽい雰囲気ですね。



管理人のつぶやき | 21:33:36 | Trackback(0) | Comments(0)

FLStudio7:ピアノロールの操作(その9:もっと細かい音符を入力する)

 ピアノロールでより細かい音符を入力する方法を紹介します。

続きを読む >>
FLStudio | 09:23:53 | Trackback(0) | Comments(0)

FLStudio7:ピアノロールの操作(その8:細かい音符を楽に入力する)

 ピアノロールで32分音符や64分音符などの細かい音符を入力するとき、音符が小さすぎて入力しにくいと感じたことはありませんか?今回は細かい音符を楽に入力する方法を紹介します。

続きを読む >>
FLStudio | 07:44:43 | Trackback(0) | Comments(0)

FLStudio7:ピアノロールの操作(その7:様々な音符の入力)

 ピアノロールで様々な音符を入力する方法を紹介します。


続きを読む >>
FLStudio | 05:43:58 | Trackback(0) | Comments(0)

FLStudio7:英語版のFL Studioをインストールする

 多くの方はFL Studio 日本語版のパッケージを購入して使っていると思いますが、プラグインのデモ版解除(記事「FLStudio7:追加のプラグインを購入する(WASP編)」参照)やベータ版を試すために英語版をインストールする必要に迫られることがあるでしょう。

 今回は、日本語版がインストールされたPCに英語版をインストールする方法を紹介します。

 なお、今回紹介する手順は次のバージョンで確認済みです。
 ・FL Studio 7 Producer Edition 英語版の最新版
   (http://demo.flstudio.com/でダウンロード可能なflstudio7_RC6b.exe)
 ・FL Studio 7.4 publicbeta

続きを読む >>
FLStudio | 10:49:04 | Trackback(0) | Comments(0)

FLStudio7:チュートリアルビデオを活用しよう

 今回は、チュートリアルビデオを使ってFL Studioを学ぶ方法を紹介します。


続きを読む >>
FLStudio | 18:40:51 | Trackback(0) | Comments(0)

FLStudio7:追加のプラグインを購入する(WASP編)

 FL Studio XXL Editionにはデモ版のWASP/PoiZone/ToxicIIIプラグインが付いています。デモ版には、プロジェクトへの保存ができない・ノイズが発生する・他DAWソフトからの利用ができない等の制限があります。Image-Line社のWebサイトでライセンスを購入することにより、デモ版が解除され、製品版として利用できる仕組みになっています。

 今回はWASPプラグインを購入・登録する方法について紹介します。

 本題に入る前に注意点があります。
 管理人がWASPプラグインを購入した際、トラブルが発生しました。記録として残すため、結論だけでなくトラブルの内容や調査の経緯も紹介します。読み辛いところが多々ありますがよろしくお付き合い願います。


続きを読む >>
FLStudio | 00:55:04 | Trackback(0) | Comments(3)

FLStudioデモ版:環境設定とデモソングの演奏

 FL Studio デモ版の環境設定方法と、デモソングを演奏する方法を説明します。
 間違った操作をしてもPCが壊れるわけではありませんので、デモソングを演奏しながら色々いじって雰囲気を確かめてみてください。

2008/4/6追記:
3/26のFL Studio 8リリースにともない、若干手順が変更されています。
変更点を列挙しておきますので、記事を読み替えてください。

(1) 起動アイコン名が FL Studio 8 に変更されています。
(2) 初回起動時に開くデモソングが 'What I Found' に変更されています。
(3) Fruity Danceプラグイン(踊るFL-chan)をフィーチャーしたデモソング
 Fuego96-FL Chan.flpが追加されています。



続きを読む >>
FLStudio | 03:10:53 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。